品質マネジメントシステム
ISO9001

全社品質方針

あらん限りの誠実を尽くし顧客に信頼される品質を提供する

新菱冷熱は、外部認証機関による審査を受け、国内の各事業部・支社において、品質マネジメントシステム ISO9001の認証を取得しています。これまでも、品質マネジメントシステムの運用によって、営業・設計・施工管理に関するプロセスの継続的改善を図り、品質の確保とお客様の満足度の向上につなげてきました。
今後もお客様のニーズに的確に応え、高品質な設備とサービスを提供できるよう、品質管理体制の充実に努めていきます。

ISO9001認証取得状況

ISO9001:2008 認証取得状況一覧表 (2017年10月1日現在)
No 事業部・支社 認証登録範囲 登録日 2008年版
への移行日
認証番号 認定
機関
認証機関
1 首都圏事業部
都市環境事業部
横浜支社
北海道支社
丸の内支社
空気調和設備、衛生設備、電気設備及び
関連設備の設計、施工及び付帯サービス
2000.4.14
2015.3.26
再認証
2010.10.1 MSA-QS-542 JAB MSA
( (株) マネジメントシステム評価センター)
2 燃料エネルギー事業部 原子力施設及び一般プラント施設の
設計・開発・製造・施工及びアフターサービス
1999.6.28
2016.12.6
再認証
2010.2.10 JMAQA-341 JAB JMAQA
( (社) 日本能率協会審査登録センター)
3 シンガポール支社
シンガポール営業所
空調換気設備工事、電気設備工事
(ビル管理設備工事を含む) 、消火設備工事
1998.7.23
2016.6.19
再認証
2010.6.14 98-2-0860 SAC TUV SUD PSB Pte Ltd
(シンガポール)
4 大阪支社 空気調和設備、衛生設備及び
関連設備の設計・施工
2000.3.17
2015.2.26
再認証
2010.3.26 MSA-QS-511 JAB MSA
5 名古屋支社 空気調和設備、衛生設備及び
関連設備の設計、施工及び付帯サービス
2000.10.17
2015.9.28
再認証
2010.9.27 MSA-QS-709 JAB MSA
6 中国支社 空気調和設備、衛生設備及び
関連設備の設計、施工及び付帯サービス
2001.2.15
2016.12.22
再認証
2010.12.22 MSA-QS-959 JAB MSA
7 東北支社 空気調和設備、衛生設備及び
関連設備の設計、施工及び付帯サービス
2001.4.17
2016.3.29
再認証
2009.9.29 MSA-QS-1069 JAB MSA
8 九州支社 空気調和設備、衛生設備及び
関連設備の設計、施工及び付帯サービス
2001.1.19
2015.10.28
再認証
2011.10.25 MSA-QS-885 JAB MSA

JAB: (財) 日本適合性認定協会
SAC:Singapore Accreditation Council
ISO9001:2008年版が2008年11月15日に追補改正されました。

弊社では、2009年4月から2010年8月までの期間に行われた、サーベイランス審査又は、再認証審査において移行審査を受け、ISO14001:2008年版への移行が完了しました。

※認証範囲の詳細は MSAホームページ (登録簿) 参照

品質管理への取り組み

新菱冷熱では、品質マネジメントシステムの根幹を「施工サイクル」と考え、各施工現場の品質管理に取り組んでいます。
「施工サイクル」とは、着工時の検討会、施工中の各段階および竣工前の検査の実施によって、品質要求事項への適合を確認し、施工品質に関わる課題の発見と対策を講じるしくみのことです。「施工サイクル」を適切に実行することで、着工時からお客様への引渡し後のフォローまで、お客様のニーズにお応えしています。さらに施工技術面においては、施工基準やトラブル事例などの教育とともに、有資格者の計画的かつ適正な配置を行い、施工品質の確保に努めています。

「新菱フォーラム」の開催

「新菱フォーラム」には総合フォーラムとセミナーがあり、総合フォーラムは、海外も含めた全社をTV会議システムでつなぎ、技術・設計・営業職の交流と技術情報の共有を行っています。また、セミナーは、社員の専門的技術力の向上と情報交換を目的としたディスカッション形式の会です。2016年度には、総合フォーラムとセミナーをそれぞれ2回ずつ開催し、技術力の強化を図っています。

新菱フォーラム
新菱フォーラム

ページトップへ