沿革

1956年〜1999年

1956年 (昭和31年) 本社を東京都港区西久保巴町45番地に置き、資本金500万円をもって創業
1957年 当時日本最大のビルといわれた新大手町ビルを受注し、会社の基礎を確立
1958年 大阪営業所 (現 大阪支社) を開設
1960年 本社を東京都新宿区四谷二丁目四番地の現在地に移転
1961年 名古屋営業所 (現 名古屋支社) を開設
1964年 事業部制を採用 工事部 (現 首都圏事業部) 、機器部 (現 機器設備事業部) を開設
1966年 広島営業所 (現 中国支社) を開設 横浜営業所 (現 横浜支社) を開設
1967年 仙台営業所 (現 東北支社) を開設
1969年 福岡営業所 (現 九州支社) を開設
1970年 業界初の技術研究所 (現 中央研究所) を設立 原子力部 (現 燃料エネルギー事業部) を開設し、原子力利用のエネルギープラント界へ本格進出
1972年 海外工事に本格進出
1973年 都市設備部 (現 都市環境事業部) を開設し、都市計画・都市再開発などの大規模プロジェクトに対処できる体制を敷く
1977年 舞鶴工場を開設
1978年 香港営業所を開設し、海外展開の本拠地とする
1979年 外国部 (現 香港支社、シンガポール支社) を開設し、海外展開を事業の大きな柱とする  建設省 (現 国土交通省) 、管工事登録格付第一位
1982年 香港に現地法人設立 (新菱香港)
1983年 マレーシアに現地法人設立 (新菱マレーシア) シンガポール営業所を開設
1986年 タイに現地法人設立 (タイ新菱)
1987年 台湾に現地法人設立 (台湾新菱)
1990年 筑波研究学園都市に中央研究所を開設 フィリピンに現地法人設立 (新菱フィリピン)
1992年 技術統括部を開設 安全統括部を開設
1994年 インドネシアに現地法人設立 (新菱インドネシア)
1998年 ISO 9000s認証取得開始 (認証登録範囲)

2000年 〜

2001年 ISO 14001認証取得 (認証登録範囲)
シンガポールに現地法人設立(新菱シンガポール)
2005年 ドバイ営業所を開設 
マカオ営業所を開設
2007年 ベトナムに現地法人設立 (新菱ベトナム)
アブダビ営業所を開設
2010年 管理本部を開設 首都圏事業本部を開設 (現 首都圏事業部、都市環境事業部)
計装エンジニアリング事業部を開設
2011年 執行役員制度を採用 高浜工場を新設し、舞鶴工場の機能を移管
2013年 技術統括本部を開設
2014年 営業統括本部を開設/CSR推進室を開設 コンプライアンス推進室を開設
2015年 海外統括本部を開設
 

ページトップへ