新菱冷熱CSRレポート2014
14/32

資材部●データを活用した集中購買●全社的な発注実績による 基準単価の設定運用管理部門●物流管理システム/データ共有 システムの開発・運用・管理BIMセンター●新菱スタンダードの構築●S-CADの機能強化連携整流化された業務モデルをお取引先とともに特集 1新菱サプライチェーンシステムとは新菱サプライチェーンシステム新菱サプライチェーンシステム構築による課題解決 新菱BIMという新たなソリューションを軸として、新菱冷熱は独自のワンストップサービスの提供を目指しています。このサービス実現のためには、サプライチェーンにおけるお取引先の協力が欠かせません。また、 新菱スタンダードとよぶ基準の構築をはじめとするいくつかの施策によって、高品質で環境にやさしく、生産性の高い現場業務改革を実現しています。これらを総称し「新菱サプライチェーンシステム」とよんでいます。課題従来の施工方法・管理手法の延長では、エンジニアリングサービスの飛躍的な向上は困難課題省エネルギー、CO2削減、アスベスト対策、産業廃棄物の適正処理などの地球環境保全への取り組み課題建設業就業者数が減少傾向にある。とくに技能工・熟練工の減少・高齢化が著しい。目標ものづくりとサプライチェーンの革新により、いままでにない高品質なエンジニアリングサービスを実現目標物流改革、輸送エネルギー削減等により、地球にやさしいエンジニアリングサービスを構築目標BIM、ICTを活用した現場管理により、工事作業者の正確な判断とスピーディーな意思決定を支援品質への取り組み環境への取り組み労働慣行への取り組み近年の日本では、熟練した労働者による次世代への技能伝承が充分にできない、という切実な問題が起きています。とくに建設業は就業者数が減少傾向にあり、拍車がかかっている状況です。新菱冷熱は、先端的な生産手段を駆使した新たな業務モデルの推進がその解決につながると考えています。BIMデータを中心に、現場や加工などの場面に応じた業務に対し新菱冷熱独自の「コミュニケーション・データ処理ツール」を構築し、「管理」「デリバリー」などを的確・迅速に行います。新菱BIMソリューションやICT、そしてサプライヤーと連携したさまざまな取り組みは、熟練技能者不足に対応するだけではなく、高品質・省資源・省エネルギーな「ものづくり」と、安全・安心な職場環境づくりにも貢献します。新たな業務モデルである「新菱サプライチェーンシステム」によって、新菱冷熱は快適で最適なライフサイクルマネジメントを実現させた、独自の「ワンストップサービス」を提供します。新菱冷熱 CSRレポート 201413

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です