新菱冷熱CSRレポート2014
20/32

主な活動成果と今後の取り組み課題と成果・取り組みCSRの取り組み項目を「社会への新たな価値提供」「基本テーマおよびコーポレート・ガバナンス」のもとに設定しています。取り組み項目2014年度の成果重点課題 社会への新たな価値提供1BIM+サプライチェーンの業務モデル構築3次元CAD(S-CAD)の活用による施工の合理化サプライチェーンモデル現場検証(2件)、3D計測機活用推進(34件)、S-CAD活用推進等新たな「業務モデル」の構築S-CAD活用法を検討、AR技術実証(1件)2ライフサイクルマネジメント(LCM)サービスLCMサービス体制の整備省エネ診断、コミッショニング、リコミッショニング、COP改善・リニューアル工事提案等の積極展開3省エネルギー技術、低炭素化技術への取り組みエネルギー関連・低炭素化技術の研究開発と活用最適運転制御などの開発、地域冷暖房・原子力施設、自然エネルギー利用等を活用空気環境改善技術の研究開発と活用ホルムアルデヒド除去、タバコ臭気除去技術等の開発と活用を実施原子力関連:廃棄物処理・廃炉・除染への取り組み放射性廃棄物の焼却・固化技術への取り組み強化4グローバルへの展開海外事業の拡大に向けた人的基盤の構築グローバル異動、海外実務派遣制度、海外短期トレーニー制度などを実施基本テーマおよびコーポレート・ガバナンス-コーポレート・ガバナンス内部統制、業務監査内部統制の継続的な見直し、現場を含む業務監査を実施1コンプライアンスへの取り組みコンプライアンス教育コンプライアンスニュース定期配信、実例教育や各部カリキュラムなど幅広く実施相談窓口「ヘルプライン」ヘルプラインの継続運用、メールによる周知活動を実施暴力団排除条例等関係法令遵守社員研修での遵守再徹底教育を実施CSR調達「新菱CSR調達ガイドライン」を策定情報セキュリティ管理情報セキュリティ教育を実施2有事の際の滞りない事業活動に向けた取り組みBCPの策定、推進BCP策定プロジェクト発足、BCP計画を策定中3環境保全と社会的投資環境マネジメントシステムISO14001環境マネジメントシステムの継続運用現場におけるCO2削減量の見える化現場のCO2排出削減量を社内掲示し、意識向上を推進車両排気ガス排出量の低減環境配慮型車両の社有車採用の推奨(全社で14%)石綿・有害物質等の適正管理と処理ガイドラインに基づく石綿の適正除去、有害化学物質等の適正な管理・処理を実施4教育・人材育成の実施現場力向上と管理職のスキル向上策の推進各種教育制度、管理職教育、各部のOJT・新技術勉強会などを実施トラブル情報の展開トラブル・リコール・事故情報を社内に通知5現場のワークライフバランスへの取り組み業務モデル改革による効率化サプライチェーンプロジェクトを発足後方支援による現場業務量低減施工図・設計・技術管理担当による現場支援を実施各種休暇制度の実効性向上プロジェクト休暇取得実績の増加「こころオンライン」心の相談窓口の継続運用6ダイバーシティへの取り組み女性社員の活躍促進施策女性社員検討チームによる施策検討を実施シニアの活躍促進制度シニア向け新人事制度の実施障害者雇用障害者の雇用を推進7コミュニティへの参画および発展地域社会とのかかわり国内・海外での地域清掃活動を実施文化支援などを実施8国際的な枠組みへの参画国連グローバル・コンパクト国連グローバル・コンパクト参画(2014年9月)ケアリングカンパニースキームケアリングカンパニースキームの更新(香港2社)新菱冷熱 CSRレポート 201419

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です