新菱冷熱CSRレポート2014
27/32

 「反社会的勢力の威嚇には、絶対に屈しません。毅然として、勇気をもって排除します。」という行動規範・行動基準を暴力団排除条例等関係法令の遵守遵守し、内部統制の一環として取り組んでいます。社員研修の場で教育および周知徹底を図っています。 法令違反行為、もしくは違反すると思われる行為、行動規範・行動基準に反していると思われる行為の相談、通報窓口を設けています。法令違反や社内不正などを防止また早期発見して是正することを目的としています。社員だけでなく新菱冷熱の業務に関わるすべての方に利用していただくため、周知に努めています。相談窓口「ヘルプライン」の設置 新菱冷熱では、さまざまな機会や役職に応じたコンプライアンス教育を継続的に実施しています。2014年度では、各対象者別の年1回の教育のほか、中堅社員を中心とした実例教育(通算22回開催)や、各部独自のカリキュラムにて教育を企画するなど、幅広く実施しました。また、毎月、全社員向けに「新菱コンプライアンスNews」をメール配信するなど、全社員が、つねにコンプライアンスを意識し業務に取組むことができる環境を整えています。さまざまなコンプライアンス教育の実施 新菱冷熱の業務を遂行するうえでとくに重要なコンプライアンスに関する事項を「コンプライアンス・ガイダンス」としてまとめています。社員への冊子配布とあわせて、社内掲示板でいつでも閲覧できるようなしくみを準備しています。コンプライアンス・ガイダンス対象者教育内容全役職員e-ラーニングでの情報セキュリティ教育新入社員コンプライアンス基礎教育役員・部長顧問弁護士による関係法令教育昇格者等級に応じたコンプライアンス教育等級別等級に応じた実例教育事業部・支社コンプライアンス全般教育 お取引先、とくに協力会社の皆様との協力・連携により、CSRへの取り組みを推進していきます。「新菱CSR調達ガイドライン」を定め、現在500社にのぼる企業の皆様にガイドCSR調達1) 公正かつ健全な企業活動 自由な競争を阻害する行為や不正な競争などを行わず、公正かつ健全な企業活動を推進することをお願いします。2) 品質・安全性および事業継続 有害物質の管理や製品の安全等に関わる法令を遵守し、製品の使用者や消費者の健康、安全の確保に努めてください。また、事業継続計画への自主的取り組みをお願いします。3) 人権・労働・安全衛生への配慮 基本的人権を尊重し、労働環境や安全衛生に配慮した事業活動推進をお願いします。4) 環境への配慮 生物多様性を含む環境保全および環境マネジメントを確実に実施し、地球環境に配慮した事業活動に取り組むようお願いします。5) 法令遵守 各国・地域の法令ならびに国際条約や社会規範を遵守し、企業倫理に基づいた事業活動を行うようお願いします。6) 情報の管理 コンピューターネットワークの脅威に対する防御策を講じるとともに、事業に関わる秘密情報、個人情報は適切に管理・保護し、それらを不正・不当に利用したり漏洩しないようお願いします。さらに顧客・第三者の機密情報の漏洩防止に努めてください。ライン遵守のご理解をお願いしています。2015年度には、全協力会社の皆様のご理解を目指し、取り組み状況の調査を開始することも考えています。新菱CSR調達ガイドライン (2014年度版)●2014年度コンプライアンス教育の対象者と教育内容新菱冷熱 CSRレポート 201426

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です