新菱冷熱CSRレポート2014
5/32

とした活動を社員により深く浸透させること、社会の皆様にわれわれの活動をよく知っていただくことの重要性を思い、CSR活動の推進体制を整えることとしました。そして、これまでの環境に対する活動を、社会への責任を担う活動に発展させ、第1号となる「新菱冷熱 CSRレポート2014」を発行することができました。新菱冷熱のCSRを考えるにあたっては、これまでモットーとしてきた「さわやかな世界をつくる(Create a Freshening World)」を経営ビジョンに定め、目標とする世界をしっかりと明確にしました。さらに社是・経営ビジョンのもと、新菱冷熱が目指す世界の実現に向けた戦略として「新菱冷熱CSR宣言」を策定しました。国際的な活動 さわやかな世界を地球上のさまざまな地域へ。総合エンジニアリング企業としての思いは、1972年、業界に先駆けて海外事業に着手することから始まり、現社是この社是は、創業者、故 加賀美勝会長が信念としていた人生観・事業観を表現したものです。新菱冷熱はこの精神を実業の世界で具現化するために創設されました。この3カ条は新菱冷熱の原点であり、社員が考えるとき、決断するとき、行動するとき、すべてにおいてその根本となります。新菱冷熱CSR宣言 われわれ新菱冷熱は、経営ビジョンのもと、次の3つの取り組みを宣言し、環境創造企業に進化します。先端的な生産手段を駆使した新たな業務モデルによる、高品質・省資源・省エネルギーな「ものづくり」と、快適で最適なライフサイクルマネジメントを実現させた独自の「ワンストップサービス」を提供します。これらの技術をグローバルに展開し、地球温暖化防止、エネルギーの安全・安心で有効な利用という社会的課題の解決に取り組んでいきます。そして、すべての事業活動の基盤となる透明性の高い経営とはたらきやすい企業風土の醸成に取り組みます。123在、活動の場はアジア・中東地域を中心に広がっています。海外では、各種空調設備のほか、地域冷房施設やコージェネレーション施設などの工事実績を上げ、おかげさまで、各地域で高い評価を得ております。これは、新菱冷熱としての技術力だけでなく、海外の各拠点におけるスタッフとの強い連携力によると感じています。 これからますます、国際社会に対しての社会的責任を果たしていくためにも、国連が提唱する「国連グローバル・コンパクト」への参加を表明し、2014年度において参加企業として登録されました。人権・労働・環境・腐敗防止に関わる10原則を支持し、国際的にも新菱冷熱の社会的責任活動を推進していきます。研究開発 1970年、東京都品川区に業界初の技術研究所を設置して以来、研究開発に力を入れてきております。新菱冷熱 CSRレポート 20144

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です