新菱冷熱 CSRレポート2015
10/40

プロジェクト集合写真建物外観事業活動ハイライト特集2海外プロジェクトタイ協和バイオテクノロジーズタイ建物概要正式名称:タイ協和バイオテクノロジーズオープン:2015年4月9日延床面積:19,084m2建物用途:アミノ酸生産工場 ASEAN地域におけるアミノ酸市場の急速な拡大に伴い、協和発酵バイオ株式会社様が、最新の生産技術を導入したアミノ酸工場をタイに建設しました。アミノ酸のグローバル展開において重要な役割が期待されるこの工場では、アジアおよび世界各地へアミノ酸の供給が可能です。この工場には、菌株を培養、発酵、精製して、輸液や医療食用の高純度なアミノ酸を作り出す最新技術が導入されています。 タイ新菱は、本工場の建設にあたり、元請として、エンジニアリング・資材調達・施工・コミッショニングの一括受注(EPCC)をし、新菱冷熱のシンガポール支社・燃料エネルギー事業部・首都圏事業部・計装エンジニアリング事業部の海外協働プロジェクトを立ち上げ、施工にあたりました。新菱冷熱 CSRレポート 20159

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です