新菱冷熱 CSRレポート2015
27/40

生態系保全活動・啓発プログラム「環境ルネッサンス活動」 新菱冷熱は、「環境ルネッサンス活動」を開始しました。「環境ルネッサンス活動」は生態系保全の重要性に関する社員の認知度向上を目的とした啓発プログラムです。 生態系保全や環境教育に関わる活動を行った社員に図書カードを支給し、環境に関する書籍の購入を補助し、生態系保全への理解と継続的活動への意欲向上を目指します。 また、この活動は、1年間に支給した図書カード費の同額を、国際環境NGOに寄付するマッチングギフト制度になっています。新菱冷熱は生物多様性民間参画パートナーシップに参加しています石綿・有害物質処理 石綿障害予防規則の制定以降、社内の管理組織の設置や石綿管理担当者会議の開催、新菱冷熱独自の「石綿施工サイクル」の運用を通して、石綿除去作業における社員ならびに作業員への健康障害を予防するとともに、大気中への石綿飛散防止に全力で取り組んでいます。石綿作業主任者資格の取得推進 新菱冷熱では、施工に携わる社員全員が技能講習を受け、石綿作業主任者資格を取得することを目指しています。2015年9月末現在、1,046名の社員が石綿作業主任者の資格を保有しています。石綿パトロール等の実施 石綿の取り扱い処分が適正に行われているかを確認するため、全国の現場について定期的に「石綿パトロール」を実施して指導しています。石綿の取り扱いに関する講義海外での石綿除去作業の事例バンチャックコージェネレーションプラント 海外でも石綿対策に力を入れています。たとえば、石綿に関する法規制のないタイにおいても、新菱冷熱の社員はもとより、海外現地スタッフ、作業員に対する健康障害防止に努めるため、日本の法律に則した対策をとりながら石綿除去作業を行いました。 写真はタイのバンチャックにあるコージェネレーションプラントの現場で行われた石綿スレート板の除去作業の様子です。保護具を着用した現地作業員石綿スレート板 除去前の倉庫石綿スレート板を廃棄物処理場に埋め立て処分● 環境ルネッサンス活動のしくみ非営利団体による生態系保全活動①社員の保全活動への参加④寄付(社員へ支給した図書カードと同額)国際環境NGO新菱冷熱CSR推進室③支給(図書カード)②社員による活動レポート提出環境/消費者課題新菱冷熱 CSRレポート 201526

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です