新菱冷熱 CSRレポート2015
28/40

新菱冷熱では、グローバル企業として各国においても人権を尊重し、行動規範の一つに「家族にも誇れるような活気にあふれ、ゆとりのある職場」の確保を掲げ、さまざまな取り組みを行っています。人権/労働慣行 新菱冷熱の社是の一つ「学歴年令を問わない 実力ある者が指揮をとれ」は、海外では「学歴」「年令」に、「nationality(国籍)」を加えて英訳されています。各海外拠点において、社是は「Company Philosophy」として国内同様に行動の原点となっています。グローバル企業として発展していくためには、国籍・人種の垣根のない、幅広い人材の活用が必要であると考えています。社是英語版 新菱冷熱は、社員が心身ともに健康であることを第一と考えています。社員同士がお互いをサポートしながら、休暇を取得しやすい職場環境をつくる取り組みの一環として、各種休暇取得の促進制度を導入しています。Company Philosophy・Be fair and straightforward(正しからざることに与するな)・Do your best with all your e ort(あらん限りの誠実を尽くせ)・Have leadership, irrespective of education, age, or nationality.(学歴年令国籍を問わない 実力ある者が指揮をとれ)2015年度 30年勤続表彰(38名) メンタルヘルスに関する相談窓口として、外部の専門家による「こころオンライン」を開設しています。このサイトで、各種情報収集やメールによる相談ができます。 社員の心身の管理と保持・増進を目的とし、管理職を中心とした「メンタルヘルス教育」を実施しています。2015年度は、新任管理職等、合計55名が受講しています。グローバルな人材活用各種休暇取得促進制度こころオンラインメンタルヘルス教育ワークライフバランスへの取り組みプロジェクト休暇 主に現場勤務の社員を対象に、現場竣工の節目に連続休暇を取得することで、心身ともに健康を維持し、次の現場への移動前にリフレッシュすることを目的としています。2015年度は237名が取得しました。アニバーサリー休暇 全社員を対象に本人や家族の記念日に休暇を取得できる制度で、年間合計3日間の取得を目標としています。リフレッシュ休暇 勤続10年、20年、30年の節目に社員の貢献に敬意を表し、また支えていただいた家族に対する感謝を込めて、連続した休暇を取得できる制度です。新菱冷熱 CSRレポート 201527

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です