新菱冷熱 CSRレポート2015
36/40

CSRの取り組み項目を「基本テーマおよびコーポレート・ガバナンス」のもとに設定しています。基本テーマおよびコーポレート・ガバナンス2015年度の取り組み新菱テクニカルサービス城口研究所大栄電気新菱工業秋田キャッスルホテルグローバルスタッフ-コーポレート・ガバナンス・新菱冷熱工業㈱監査部による監査実施・指摘事項改善●●●●●●・取締役や部長等による定期的な経営会議・幹部会の実施●●●●●●1コンプライアンスへの取り組み・全社員に対するコンプライアンス教育の実施●●●●●●・コンプライアンス委員会の設置・定期会議実施●●●●●●・全社員に対する情報セキュリティ教育の実施●●・ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)の継続運用●・衛生管理マニュアル作成・実施●・協力会社との暴力団排除条例等関係法規遵守誓約書の取り交わし●・ヘルプラインの継続運用●●●●●●2有事の際の滞りない事業活動に向けた取り組み・社内防災訓練・安否確認の定期実施●●●●●●・全社員に対する防災袋支給●●●●●・食料・水等備蓄品確保●●●・ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)によるBCP訓練実施●・非常用発電機設置やネットワーク分散システム等の導入●●・顧客・協力会社等緊急連絡体制網作成●●●●3環境保全と社会的投資・クールビズによる省エネ実施●●●●●●・ゴミ分別徹底●●●●●●・再生紙、再生トナー利用推進●●●●●●・工場の環境管理基準を制定、騒音・振動レベル基準値遵守、環境負荷低減●・省エネルギー空調システム導入●・宿泊プランにクリーニング不要による割引プランを追加●・屋上緑化施設の維持●●・石綿作業主任者資格の取得推進(正社員取得率100%達成)●4教育・人材育成の実施・各種教育制度、管理職教育、新入社員教育、スキルアップ視察、研修等実施●●●●●●・定例会や社内データベースによる技術情報、トラブル情報の共有●●●●●●・安全衛生協力会会員企業に対する人材育成の継続実施●5ワークライフバランスへの取り組み・永年勤続表彰の実施●●●●●●・プロジェクト休暇、アニバーサリー休暇、リフレッシュ休暇取得奨励●●●●・産業医講話等メンタルヘルス教育実施、メンタルケア電話サービス活用●●●・組織構造の変更や業務の見直し、システム導入による業務効率化、負荷分散●●●・育児休暇制度の利用推進●●6ダイバーシティへの取り組み・女性管理職積極登用●●●・女性ならではの視点、感性を生かし細部にまでこだわった商品開発●・60歳以上のシニア活躍範囲拡大、責任あるポジションへの登用●●●●・65歳以上のシニア活用●●・外国人技術者活用検討●・障がい者雇用推進継続実施●●7コミュニティへの参画および発展・神田祭への参加●・自社ビル空きスペースを町内会神輿等置場として提供●・中央区災害対策建築協力会への参加の継続●・地域町会および、鐵砲洲稲荷神社の催し物への継続参加●・町内会主催防災訓練への定期参加●●・地域の清掃・植栽活動●●●・ホテル内メディカルモール設置による地域医療への貢献●8国際的な取り組み・NPO法人 FOIFAの助言によるエイジフレンドリーホテルとしての各種施策実施●・国際教養大学との連携による海外からの旅行者に対する各種施策実施●・ハラールに対する取り組み●グループ各社の主な取り組み新菱冷熱 CSRレポート 201535

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です