新菱冷熱 CSRレポート2015
39/40

編集後記 「新菱冷熱CSRレポート2015」を通じて、2年度目の活動を皆様にご報告できることをうれしく思います。今号から編集後記を設けるにあたり、これまでの活動を振り返りたいと思います。●新菱冷熱CSR活動の準備期間(2013年11月~2014年2月) 新菱冷熱は、建設業の立場から環境配慮への重要性を認め、2001年より環境マネジメントシステム(ISO14001)に取り組んできました。そして2013年には、環境に限定せず社会的責任を果たす活動に発展させたい、という社長の意志のもとCSR検討委員会が発足しました。全国から選抜された委員が、CSRの基礎から勉強しながら、新菱冷熱はCSRで何を目指すのか、具体的な活動や社内の実行スキームについて議論を重ね、活動の骨子を決めていきました。●活動の開始(2014年4月~) CSR委員会、CSR推進室が発足、各部署にCSR実行委員を選任して、活動体制を整備しました。社員の理解を深めるため、全国の事業部・支社を訪問し、新菱冷熱CSRの説明会を開きました。事業部・支社ごとの活動計画を立て、半期ごとに活動実績をまとめる体制を整えました。●新菱冷熱CSRレポート2014(日本語版)発行(2014年12月) 第1号のCSRレポートを発行しました。●新菱冷熱CSRレポート2014(英語版)発行(2015年8月) 海外現地法人にもCSR活動を理解してもらうため、英語版を発行しました。●新菱グループのCSR活動への展開(2015年4月~) グループでのCSR活動に発展させたいという意見は2014年度からあり、2015年度は、新菱グループとしての活動に発展させました。2015年2月にはグループ各社への説明、実行委員の決定を行い、4月には第1回グループ会社実行委員会議を開催しました。●CSR推進室の2015年度の主な活動 CSR活動の理解と浸透を深めるため、実行委員との連絡を密にする活動を心掛けました。/「新菱冷熱CSRレポート2014」の社内外アンケートをとり、2015年度版に皆様のご意見を反映しました。/各社の紹介から始まった第1回グループ会社実行委員会議は感慨深いものでした。/安全統括部の協力を得て女性用安全用品をリリースしました。安全基準と使いやすさの両立に留意しました。/新菱冷熱らしい生態系保全活動について考え、意識向上を目的とした「環境ルネッサンス活動」を開始しました。/第三者意見・秋山をね様とのダイアログでは、推進室メンバーの思いをくんでいただいたほか、貴重なアドバイスをたくさんいただきました。CSR委員会(2014年10月20日)CSR実行委員会議(2015年4月14日)グループ会社CSR実行委員会議(2015年4月20日)CSR実行委員会議(2015年6月23日)第三者意見・ダイアログ(2015年9月10日)秋山をね様(中央)とCSR推進室新菱冷熱 CSRレポート 201538

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です