働き方改革

「働き方改革」の意義

労働集約型産業である建設業では、長時間労働が大きな問題になっています。2016年4月、新菱冷熱は長時間労働の解決に向けた「働き方改革」を開始しました。この取り組みは「働き方改革担当役員」を中心に、業務を見直し、生産性の高い「働き方」を実現し、長時間労働が常態化した労働慣行の是正とワークライフバランスの実現を目指すものです。また効率的な働き方を追求する一方で、新菱冷熱が60年間築き上げてきた技術力の維持とさらなる向上も必須です。多様な人材が活躍する職場の実現を目指したダイバーシティの取り組みとあわせ、人材育成にも引き続き注力していきます。

「働き方さわやかProject」の取り組み

新菱冷熱では、働き方を改革するため「働き方さわやかProject」をスタートさせ、設備工事業として本格的な働き方改革に挑戦しています。
改革の目的は効率的な業務遂行ですが、長時間労働の常態化した労働慣行を改善することで建設業の魅力を向上させ、企業としての競争力や企業価値も向上させたいと考えています。また、社員のワークライフバランスの実現は、挑戦する企業風土の醸成につながり、変化への対応力強化にもつながると考えています。

働き方さわやかProjectが目指すもの

  • ビジョン (目的を実現して、なりたい姿)
    - さわやかで風通しの良い、創造性に富んだ社風
  • 目的 (働き方改革で実現していくこと)
    - 効率的な業務遂行
  • 目標 (クリアすべき課題)
    - 長時間労働の是正
    - 社員のワークライフバランスの実現


「働き方さわやかProject」
現場業務の効率化に関する議論の様子

ノー残業デーの実施

新菱冷熱では、国内の全事業所ならびに全国約90カ所の施工現場を「モデル現場」として選定し、毎週水曜日に「ノー残業デー」を実施しています。また業務上、水曜日に実施できなかった場合は、別の日に振り替えるなどして、100%実施を目標に取り組んでいます。
施工現場では、現場全体での工程管理や緊急対応など、自社だけではスケジュール調整が難しい実情の中、それぞれのモデル現場が工夫しながらノー残業デーを実践しています。

ノー残業デー推進ポスター
ノー残業デー推進ポスター

ページトップへ