• TOP
  • CSR
  • ワークライフバランスへの取り組み

ワークライフバランス
への取り組み

柔軟な働き方を支援する制度の導入

制度 概要
配偶者帯同転勤制度 社員の配偶者が転勤になった場合、転勤先にある当社事業所での勤務を希望し、かつ事業所での受け入れが可能な場合には異動できる。
カムバック制度 ①子の育児、②家族の介護、③配偶者の転勤が理由で退職した勤続3年以上の総合職社員について、原則として退職後5年以内の復職を認める。
年次有給休暇の半日単位取得制度 年次有給休暇を半日単位で取得できる。
有給休暇積立制度の適用拡大 既規程の年次有給休暇残日数の翌年度への繰り越しに加えて、業務外の傷病、家族の介護、子の看護をする場合、前々年度および前々々年度の未消化有給休暇残日数の行使を可能とする。
休暇取得促進制度
  • プロジェクト休暇制度:施工職を対象に、現場竣工等の節目に、連続休暇を取得するもの (年5労働日、分割取得可) 。
  • アニバーサリー休暇制度:全役職員を対象に、本人や家族の誕生日、学校行事日等の休暇取得を奨励するもの (年3労働日) 。
特別休暇制度 リフレッシュ休暇制度:10年、20年、30年勤続表彰を受けたときに所定の連続休暇を取得できる。

担当職制度・キャリア採用の推進

多様な働き方を推進し、より柔軟な働き方を選択できる環境を整えています。

担当職の処遇等運用を開始

職種や職務、勤務地域の条件を限定しながら働くことのできる担当職の処遇等運用を整えました。

職群間の転換制度を導入

総合職・担当職間の転換制度を導入し、実施要領を定めることで、制度を活用しやすくしました。

キャリア採用の推進

他社・他機関での就業経験のある人材の応募を受け付ける環境を整備しました。

ノー残業デーの実施

新菱冷熱では、国内の全事業所ならびに全国の施工現場の中から「モデル現場」を選定し、毎週水曜日に「ノー残業デー」を実施しています。また業務上、水曜日に実施できなかった場合は、別の日に振り替えるなどして、100%実施を目標に取り組んでいます。
施工現場では、現場全体での工程管理や緊急対応など、自社だけではスケジュール調整が難しい実情の中、それぞれのモデル現場が工夫しながらノー残業デーを実践しています。

ノー残業デー推進ポスター
ノー残業デー推進ポスター

管理職向け「働き方改革」教育

2017年7~8月、「働き方さわやかProject」の一環として、全国の管理職を対象にした「働き方に関する意識改革教育」を、本社・大阪会場などで3回に分けて行いました。教育の目的は、働き方を改善するための意識改革、管理職が部下の労務状況を把握・管理することの重要性に対する理解促進です。

「当社にとっての働き方改革について」の講義
「当社にとっての働き方改革について」の講義

サークル活動の支援

サークル活動規程を制定し、スポーツ活動や文化活動などを通じて、社員の心身のリフレッシュを支援しています。認定要件を満たして承認されたサークルには、大会などへの参加費用、交通費、備品購入費などへの助成金が支給されます。
これまでにバスケットボール、野球、武道、テニス、ランニング、サッカーのサークルが認定されています。

野球部の活動
野球部の活動

子ども参観日

2017年8月、本社において「子ども参観日2017」を開催しました。7回目の開催となる今回は、3歳から中学生までの子どもたちとその家族、100名が参加しました。今回は、「新菱冷熱の仕事を体験しよう!」をテーマに、空調設備にかかわる営業・設計・施工の仕事を子どもたちが体験しました。

営業体験では、名刺交換の仕方などを実践し、設計体験では、CADを使った簡単な配管図の作成に挑戦しました。また、施工体験では、自分で作成した配管図をもとに、バルブやパイプを組み立て、ビー玉を使った試運転も行いました。そのほか、作業着・ヘルメットを身に着けての撮影会を行いました。

子どもたちからは「仕事をしてるお父さんが格好いい」「これからもお仕事頑張って」などの感想がありました。

  • 営業体験
    営業体験
  • 設計体験
    設計体験
  • 技術体験
    技術体験

ページトップへ