• TOP
  • CSR
  • ワークライフバランスへの取り組み

ワークライフバランス
への取り組み

柔軟な働き方を支援する制度の導入

制度 概要
配偶者帯同転勤制度 社員の配偶者が転勤になった場合、転勤先にある当社事業所での勤務を希望し、かつ事業所での受け入れが可能な場合には異動できる。
カムバック制度 ①子の育児、②家族の介護、③配偶者の転勤が理由で退職した勤続3年以上の総合職社員について、原則として退職後5年以内の復職を認める。
年次有給休暇の半日単位取得制度 年次有給休暇を半日単位で取得できる。
有給休暇積立制度の適用拡大 既規程の年次有給休暇残日数の翌年度への繰り越しに加えて、業務外の傷病、家族の介護、子の看護をする場合、前々年度および前々々年度の未消化有給休暇残日数の行使を可能とする。
年次有給休暇の特別付与 前年度繰り越しと当年度付与の年次有給休暇の合計日数が20日に満たない職員に対し、年次有給休暇をすべて消化した後、傷病を理由に休む場合は、入社月に応じて特別休暇 (有給) を付与する。
休暇取得促進制度
  • プロジェクト休暇制度:施工職を対象に、現場竣工等の節目に連続休暇を取得するもの (年5労働日、分割取得可) 。
  • アニバーサリー休暇制度:全役職員を対象に、本人や家族の誕生日、学校行事日等の休暇取得を奨励するもの (年3労働日) 。
特別休暇制度 リフレッシュ休暇制度:10年、20年、30年勤続表彰を受けたときに所定の連続休暇を取得できる。

担当職制度・キャリア採用の推進

多様な働き方を推進し、より柔軟な働き方を選択できる環境を整えています。

担当職の処遇等運用を開始

職種や職務、勤務地域の条件を限定しながら働くことのできる担当職の処遇等運用を整えました。

職群間の転換制度を導入

総合職・担当職間の転換制度を導入し、実施要領を定めることで、制度を活用しやすくしました。

キャリア採用の推進

他社・他機関での就業経験のある人材の応募を受け付ける環境を整備しました。

社員の声を形にした新ユニフォーム

新菱冷熱は、ユニフォームとヘルメットを16年ぶりに一新しました。新ユニフォームには、新菱冷熱が大切にする「熱意」「誠意」「創造力」という3つの思いを込めています。「社員の声を形にしたユニフォーム」を目指し、デザインは、20~30代の若手社員の投票により決定しました。また、実際に現場で働く社員の試着や、着やすさ・機能性に関するヒアリングを行い、意見を十分に取り入れました。
その他、現場での動きやすさや快適性の向上だけでなく、シワのなりにくさや、汚れの目立ちにくさなどにも配慮し、きれいに着られるユニフォームを目指しました。また、女性用サイズも作製し、現場で働く女性の着やすさも追求しています。
新ユニフォームを通じて、社員の働きやすさを向上させるだけでなく、新菱冷熱の社員として、また、施工管理者としての誇りをもって、働くモチベーションにつなげていきたいと考えています。

  • 新ユニフォームとヘルメット (モデルは新菱冷熱社員)
    新ユニフォームとヘルメット
    (モデルは新菱冷熱社員)
  • コーポレートロゴをデザインしたヘルメット
    コーポレートロゴをデザインしたヘルメット
  • 安全統括部が新ユニフォームのデザインを検討
    安全統括部が新ユニフォームのデザインを検討

サークル活動の支援

スポーツ活動や文化活動などを通じて、社員の心身のリフレッシュを推進するため、「社内サークル活動規程」を定めています。認定要件を満たして承認されたサークルには、大会などへの参加費用、交通費、備品購入費などへの助成金が支給され、これまでにバスケットボール、野球、武道、テニス、ランニング、サッカーのサークルが認定されています。
各サークルとも、休日の練習や各種大会への参加など活発に活動しており、それらの様子は、社内掲示版や社内報で報告しています。サークル活動は、所属や職種、年齢を超えたコミュニケーションの場として、会社の活性化にも一役かっています。

  • 〔野球部〕管工業健康保険組合の軟式野球大会 (2部) で優勝
    〔野球部〕管工業健康保険組合の
    軟式野球大会 (2部) で優勝
  • 〔武道会〕関東実業団剣道大会に出場
    〔武道会〕関東実業団剣道大会に出場

子ども参観日の開催

新菱冷熱は、社員が家族との時間を大切にしながら、生き生きと働き続けることができる環境づくりのため、家族に仕事への理解を深めてもらうイベント「子ども参観日」を、2011年から開催しています。8回目となる2018年8月は、茨城県つくば市の中央研究所で開催し、全国から子どもたちとその家族、約120名が参加しました。
研究員が先生役になり、子どもたちは、空調設備のしくみや、空調にかかわる温度や音・振動などを学ぶ、さまざまな実験にチャレンジしました。実験後の懇親会では、バーベキューや子どもたちによる名刺交換会などを実施し、家族のコミュニケーションの場となりました。また、子どもたちを通じ、社員同士の交流の輪も広がりました。

  • 温度による飛び方の違いを調べる「熱気球を作ろう」
    温度による飛び方の違いを調べる
    「熱気球を作ろう」
  • 熱の伝わり方と氷が溶ける速さを調べる「氷を溶かそう」
    熱の伝わり方と氷が溶ける速さを調べる
    「氷を溶かそう」

ページトップへ