新菱冷熱工業 営業案内/会社概要
22/26

1956年 本社を東京都港区西久保巴町45番地に置き、 資本金500万円をもって創業1957年 当時日本最大のビルといわれた新大手町ビルを受注し、 会社の基礎を確立1958年 大阪営業所(現 大阪支社)を開設1960年 本社を東京都新宿区四谷二丁目四番地の現在地に移転1961年 名古屋営業所(現 名古屋支社)を開設1964年 事業部制を採用 工事部(現 首都圏事業部)、機器部(現 機器設備事業部)を開設1966年 広島営業所(現 中国支社)を開設 横浜営業所(現 横浜支社)を開設1967年 仙台営業所(現 東北支社)を開設1969年 福岡営業所(現 九州支社)を開設1970年 業界初の技術研究所(現 中央研究所)を設立 原子力部(現 燃料エネルギー事業部)を開設し、 原子力利用のエネルギープラント界へ本格進出1972年 海外工事に本格進出1973年 都市設備部(現 都市環境事業部)を開設し、都市計画・都市 再開発などの大規模プロジェクトに対処できる体制を敷く1977年 舞鶴工場を開設1978年 香港営業所を開設し、海外展開の本拠地とする1979年 外国部(現 香港支社、シンガポール支社)を開設し、 海外展開を事業の大きな柱とする  建設省(現 国土交通省)、管工事登録格付第一位1982年 香港に現地法人設立(新菱香港)1983年 マレーシアに現地法人設立(新菱マレーシア) シンガポール営業所を開設1986年 タイに現地法人設立(タイ新菱)1987年 台湾に現地法人設立(新菱台湾)1990年 筑波研究学園都市に中央研究所を開設 フィリピンに現地法人設立(新菱フィリピン)1992年 技術統括部を開設/安全統括部を開設1994年 インドネシアに現地法人設立(新菱インドネシア)1998年 ISO 9000s認証取得開始※12001年 ISO 14001認証取得※2 シンガポールに現地法人設立(新菱シンガポール)2005年 ドバイ営業所を開設/マカオ営業所を開設2007年 ベトナムに現地法人設立(新菱ベトナム) アブダビ営業所を開設2010年 管理本部を開設 首都圏事業本部を開設(現 首都圏事業部、都市環境事業部) 計装エンジニアリング事業部を開設2011年 執行役員制度を採用 高浜工場を新設し、舞鶴工場の機能を移管2013年 技術統括本部を開設2014年 営業統括本部を開設/CSR推進室を開設 コンプライアンス推進室を開設2015年 海外統括本部を開設会社沿革※1 現在認証取得している事業部 首都圏事業部、都市環境事業部、燃料エネルギー事業部、電気計装事業部、北海道支社、東北支社、丸の内支社、横浜支社、名古屋支社、大阪支社、中国支社、 九州支社、シンガポール支社シンガポール営業所※2 現在の認証範囲(2017年4月現在) 海外統括本部、香港支社、シンガポール支社を除く全事業部2011年 パレスホテル東京 東京スカイツリー地区熱供給施設 丸の内永楽ビルディング JA共済ビル(平河町) 東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 阿倍野市街地再開発事業 関東グリコ 北本ファクトリー 足利赤十字病院 ヴェネチアンマカオ5・6区画ポディウム シンガポール地下鉄環状線2012年 大日本印刷市谷 本田技研工業 寄居工場              グランフロント大阪(梅田北ヤード) エリアなかいち(新秋田県立美術館・にぎわい交流館他) 沖縄科学技術大学院大学第2研究棟 東京臨海熱供給青海南プラント 大手町フィナンシャルシティサブプラント NTT田端ビル(IDC) 東京国際展示場(ビッグサイト) 香港NTT国際通信データセンター2013年 広島大学病院診療棟 中之島フェスティバルタワー 読売新聞東京本社ビル 横浜ランドマークタワー 横浜駅東口地下街ポルタ 天王洲エリアサービス熱供給施設第一プラント ベトナムGrand Ho Tram 1期 タイバンパイン コージェネレーションプラント シンガポールバイオポリス地域冷房プラント シンガポール地下鉄ダウンタウン線1期2014年 虎ノ門ヒルズ 大手町タワー 日清食品ホールディングス the WAVE 明治 愛知工場 東北大学 災害科学国際研究所 イオンモール京都桂川店 嘉手納基地家族住宅 北海道熱供給公社 赤れんが前エネルギーセンター 鶴岡市立加茂水族館 シンガポール アペリア複合施設2015年 大名古屋ビルヂング 豊洲六丁目地区地域冷暖房施設 武蔵野フーズカムス神戸工場 ヤクルト本社中央研究所基礎研究棟 仙台水族館 沖縄科学技術大学院大学 ひろしまハイビル21 アブダビ国際空港地域冷房プラント ウンテンフォン総合病院 メディアコープ工事実績2011年~

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る