• TOP
  • 環境
  • 社員によるCO2削減、省資源化への取り組み

社員によるCO2削減、
省資源化への取り組み

本社ビルが最新の省エネビルに生まれかわりました

新菱冷熱は、長年培ってきた技術・ノウハウを結集して、1970年竣工の本社ビルを、省エネルギーと快適性を両立した建物に改修しました。
計画当初は、改修後5年目の2016年度に1次エネルギー消費量削減率40%、CO2排出量削減率37% (2009年度比) を達成するという目標を掲げましたが、継続的な運用改善に取り組んだ結果、1年前倒しして、改修後の運用4年目で目標を達成することができました。

なお、当プロジェクトの計画通りに、省エネ改修によって本社ビルは、CASBEE-改修による建築物の総合環境性能評価でSクラスを認証取得しました (有効期限:2014年9月)

詳しい内容は下のリンク先からどうぞ
新菱冷熱自社ビル省エネeco化プロジェクト
テクノロジーガイド

TV会議システム等を活用しています

TV会議システム

社内14拠点にTV会議システムが導入されています。当初は、時間と費用の削減と共に、リアルタイムのコミュニケーションを実現させることが目的でしたが、今では、CO2排出量の削減効果にも大きな期待が寄せられています。この環境保全にも貢献するTV会議システムは、社内の全社会議やイベントなどで大活躍しています。

  • TV会議システム
  • TV会議システム
  • TV会議システム

Web会議システム

Web会議システム全社にWeb会議システムも導入しています。社員はインターネット接続環境とパソコン、タブレット端末やスマートフォンがあれば世界中のどことでも、お互いの表情や共通の資料を見ながら会議ができます。各拠点の担当者間のミーティングや現場と事業所との打ち合わせなどに威力を発揮します。
Web会議システムの活用で、移動や出張によるCO2排出量だけでなく、コストと時間を削減し、働き方改革にも貢献しています。

当社が施工した高松倉庫の太陽光発電設備について

高松倉庫に太陽光発電装置を設置!- 2010.10.4

工事用ヘルメットの回収

工事用ヘルメットの回収使用期限を過ぎた工事用ヘルメットは、社員・協力会社から回収し、専門業者に引き取ってもらっています。引き取られたヘルメットは、リサイクルセンターで分別し、粉砕されたのち、セメント工場に納入され、セメントを製造するための燃料としてサーマルリサイクルされます。更に、燃焼後に発生した灰はセメントの原材料の一部としてマテリアルリサイクルされます。
この活動は、2003年から継続して取り組んでおり、累計15,000個以上の使用済みヘルメットを回収し、リサイクルしました。 (2018.5現在)

ページトップへ