• TOP
  • 環境
  • 環境に関する法規制の順守状況

環境に関する
法規制の順守状況

環境関連法規

新菱冷熱の業務に関連する環境関連の法令等を特定し、順守に努めています。

空気
  • 大気汚染防止法
  • フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律 (フロン排出抑制法)
  • 高圧ガス保安法
  • 特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律 (オゾン層保護法)
  • 道路運送車両法
騒音・振動
  • 騒音規制法
  • 振動規制法
廃棄物
  • 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 (廃掃法、廃棄物処理法)
  • 自治体の条例
  • 資源の有効利用の促進に関する法律
  • 建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律 (建設リサイクル法)
  • ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法 (PCB無害化特別措置法)
省エネルギー
  • エネルギーの使用の合理化等に関する法律 (省エネ法)
  • 地球温暖化対策の推進に関する法律 (地球温暖化対策推進法)
  • 水質汚濁防止法
  • 浄化槽法
  • 水道法
  • 下水道法
有害物質
  • 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律 (PRTR法/SDS制度)
石綿
  • 大気汚染防止法
  • 労働安全衛生法
  • 労働安全衛生法 (石綿障害予防規則)
  • 建築基準法
その他
  • 各自治体の地方条例

石綿除去作業に対する取り組み

当社は、石綿障害予防規則の制定以降、社内の管理組織の設置や石綿管理担当者会議の開催、全国の石綿除去作業現場のパトロール、更に当社独自の「石綿施工サイクル」を運用することで、石綿除去作業における社員並びに作業員への健康障害を予防すると共に、大気中への石綿飛散防止に全力で取り組んでいます。

「石綿 (アスベスト) 関連作業ガイドライン」

石綿関連作業ガイドライン
クリックすると
拡大されます

石綿の暴露事故は、人体に深刻な健康障害を与えてしまいます。新菱冷熱では、石綿障害予防規則に準拠して、石綿含有製品の除去に関わる作業を行う場合の「石綿 (アスベスト) 関連作業ガイドライン」を定め、この内容を順守する方法で作業を行います。また、当社は地域住民の健康被害の防止はもとより、石綿環境下で作業する社員、作業員の安全と健康を確保するため、ガイドラインの順守状況を厳しくチェックしています。


・石綿 (アスベスト) 関連作業ガイドラインの一例
現場で石綿を飛散させずに除去する工法の例です。

海外での石綿除去作業の事例「バンチャック コジェネプラント」

タイ国の「バンチャック コジェネプラント」の現場で行われた石綿スレート板の除去作業を紹介します。

  • 取り外し前 (倉庫外部から撮影)
    取り外し前 (倉庫外部から撮影)
  • 取り外し作業完了
    取り外し作業完了

この作業は、石綿に関する法規制がないタイ国でのものでしたが、当社社員はもとより、現地スタッフ、作業員に対する健康障害防止に努めるべく、日本の法律に則った以下のような対策をとりながら除去作業を実施しました。

<主な石綿障害予防対策>

●石綿吸引の防止
・作業員全員に防塵マスクと保護衣、手袋の着用を徹底

保護具を装着した現地作業員 (休憩所にて撮影)
保護具を装着した現地作業員
(休憩所にて撮影)

●飛散防止
・石綿スレート板の取り外し前に、散水による湿潤化作業を行い、石綿の飛散を予防

  • 散水による湿潤化作業
    散水による湿潤化作業
  • 湿潤化後の石綿スレート板取り外し作業
    湿潤化後の石綿スレート板
    取り外し作業

・石綿スレート板を、ビニールシートで包み込み運搬時の割れによる石綿飛散を防止

ビニールシートによる養生作業
ビニールシートによる養生作業

●適正処分
・石綿スレート板を廃棄物処理場に埋立て処分

廃棄物の埋立て処理
廃棄物の埋立て処理

環境に関する法令

ページトップへ