MENU

会社情報

事業領域

新菱冷熱の活動は、空気、熱、水、エネルギー、情報、防災、安全、衛生…と社会の暮らしのあらゆる分野に関わり、総合的な環境づくりを担っています。より快適な労働環境、心地よい生活環境、様々な生物の棲育環境、信頼性の高い生産環境をめざして、最先端技術の研究に取り組み、高度な施工技術で国内外から高いご信頼をいただいています。 また省エネルギーと地球温暖化物質等の削減に向けた活動も積極的に行っています。


総合設備業のリーディングカンパニーとして常に社会と時代のニーズの一歩先を切り拓いてきた新菱冷熱は、共生をテーマに人と環境の理想的な未来のために、お客様が求められる以上のソリューションを提供する総合環境エンジニアリング企業を目指して、これからも日本の、世界のご要望にお応えしてまいります。

総合エンジニアリング体制

空気調和設備

空調設備

オフィス、店舗・レストラン、学校、アメニティ施設、公共施設…人々が集う空間で求められる快適環境。その基礎を担うのが空気調和設備です。そして、ただ快適であるだけではなく、生産現場や医療現場では目的に最もふさわしい高機能で高品質な空気環境が求められています。このように現代社会のあらゆるシーンで、空気調和のニーズはより多様化し、高度化しています。
花粉症治療にふさわしい空気、絵画や文化財を保存する空気など、社会が求める多種多様で高機能な空気環境の実現へ、新菱冷熱は空気調和設備のトップカンパニーとして信頼性の高い施工技術と独自の開発システムでお応えいたします。

クリーンルーム設備

ますます高度化する半導体産業、医薬品製造業、食品工場そして医療機関など。そこで求められる高清浄空間は、新菱冷熱の技術のコラボレーションのステージです。
進化するハイテク、ナノテク技術に的確に追従し、生産環境や人間環境の分野で新菱冷熱は最先端のクリーンルームを提供します。

エネルギー供給設備

エネルギー供給設備とは、冷水・温水・蒸気等の「熱」、「電力」などを供給する事を目的とした施設です。
シェアNo.1を誇る地域冷暖房プラント(熱供給プラント)やIPP向発電プラント、コージェネレーション設備と熱供給設備を併設した熱電併給プラント(CHPプラント)等がこれにあたります。新菱冷熱は、日本の地域冷暖房草創期から今に至るまで長年にわたり培った技術の蓄積、多くの民生用大規模コージェネレーションプラントの実績を基に、都市における大気汚染の防止と省エネルギー、さらには地球温暖化の防止、エネルギーの効率的・安定的な供給など、絶対の自信で経験に裏付けられた技術を提供しています。

給排水衛生設備

建築設備の中で最も人の生活に密着した設備であり、飲食・排泄・入浴・洗面・洗濯・洗浄などを行うために給水・給湯・排水設備などが必要になります。それらの設備は、有機的に関連し合うことによって、建物の生活環境を衛生的で安全に維持できるほか、省資源・省エネにもつながる重要な設備です。日常生活やビジネス、あらゆる場面で必要となる水を供給するため、新菱冷熱は衛生面や安全面を考慮した給排水衛生設備を構築します。
なお、新菱グループには給排水衛生設備工事を主要業務とする(株)城口研究所があります。

http://www.shiroguchi.co.jp/

電気設備

電気設備とは、電気エネルギーを光(照明)、力(動力)などに変換して建物に命を吹き込む設備です。電力を安定供給するための信頼性の高い受変電設備、目的・用途に応じた照明設備、ますます多様化する情報管理設備など、新菱冷熱ではあらゆる場面で技術を結集し、空調設備と併せ総合的な省コスト、省エネルギーなシステムを提案します。
なお、新菱グループには電気設備工事を主要業務とする大栄電気(株)があります。

http://www.daieidenki.com/

防災設備

災害から人や建物を守るために欠かすことのできないのが防災設備です。防災設備には火災の監視や万が一火災が発生した時の警報機能を持つ自動火災報知設備、煙が発生した時にも安全に避難するための排煙設備、初期消火や消防隊が消火活動を行うための消火設備などがあります。新菱冷熱は最新の防災設備でかけがえのないものを守り続けています。

情報管理設備

新菱冷熱は、他の中央監視システムとは一味違う総合情報システムを提供します。様々なエンジニアリングを通じて培ったノウハウを反映させ、施設利用者や運転者の視点からみたファシリティーマネジメントシステム(FM)をお客様との綿密なヒアリングを基に提供します。この最先端情報技術を駆使したシステムが、地域冷暖房プラントをはじめ、様々なプラントや施設の保守管理をサポートします。

会社情報


会社概要
事業領域