MENU

人財育成について

新入社員が語る

土田悠平

耕風寮での全寮制の生活について不安はありましたか

同期との共同生活で、遠慮や気遣いで息苦しい生活になるかと不安でしたが、内定後に寮見学会が行われ、きれいな寮だったので安心しました。元々きれい好きなので、あまりに汚かったらどうしようかなと(笑)。同期同士はすぐに打ち解けることができ楽しく活気ある寮生活になっています。部屋を一歩出ると寮生がいて話し合うことができ、分からないことは、お互いに聞き合うことができます。

寮役員や同期とはどのような関係ですか

寮役員は仕事上の先輩後輩という関係だけではなく、社内の部活動やゴルフに一緒に言ったり、休日に飲みに行ったりなどプライベートもフレンドリーな先輩です。同じ寮生活の中で、時間の使い方、メリハリのある行動など参考にでき、学べることが多いと思います。
また、同期は切磋琢磨できる仲間だと感じています。研修でわからなかったことは寮に帰って、同期に聞きながら一緒に復習したり、試験勉強したり・・・。
入寮前は、寮生活への不安が多々ありましたが、イベントなどを通じてすぐに打ち解けることができ、仕事上での付き合いだけでなく、プライベートでも遊べる仲間になりました。 仕事上では私も化学系出身なので建設の基礎知識が乏しいところを同期に助けてもらっていますし、プライベートでは同期のさまざまな趣味に付き合うことで新たな趣味を見つけることができました。最近、同期に誘われゴルフを始めました。寮の近くに練習場があり、重宝しています。

飯坂知奈

耕風寮での全寮制の生活について不安はありましたか

私は会社説明会で新菱冷熱は一年間全寮制の生活があることを知りました。やはり多少抵抗はありましたね。寮見学の際、女性寮の部屋を見れなかったため、入社前にイメージしづらかったですが、耕風寮で女性の先輩社員が仲良さそうに話しているのを見て、良い研修制度なのかなと思いました。
新生活を始めるにあたって不安もありましたが、同期ともすぐに打ち解けることができ、不安は払拭されました。

寮生活で大変だった点、良かった点は

全国からたくさんの人が集まり、違う勉強をしてきて、それぞれの性格も違って、そんな中で同じルールを守って生活するのは大変だし、細かいルールに最初は戸惑うと思います。しかし今もこうやってきれいな寮に自分たちが住めているのは、耕風寮の細かいルールをこれまでの先輩たちが守ってきたからこそ。それなので、自分たちも強制的やらされているではなく、次の後輩たちに残すため、という思いやりとして守っていくルールだと思えば自然と守ることができます。
『社会に出る=いろんな人が使う場所への配慮』当たり前のことですが、学生時代にはなかなか気づけませんでした。
4月中はルールや時間的な制約も多く、分単位で行動しなければならないことには驚きました。しかし、突き詰めると相手への心遣いなんだと気がつきました。相手への心遣いは寮内だけでなく、現場でも役に立つことなので。
あと、女性の先輩社員が寮役員として住んでいるので、悩みや不安等も気軽に相談できたのもよかったかなと思います。

寮でのイベントについて

私は11月の体育祭委員をやりました。企画、会計、当日の運営の全てを寮生でやるんです。競技内容を決めたり、会社に企画書を提出して、予算を組んだりしました。ドッヂボール大会を開催し、打ち上げでは屋形船での宴会を企画しましたが、予算の範囲内でコストを抑えながら、みんなに喜んでもらえるよう企画するのは結構大変でした。でもみんな盛り上がってくれて楽しかったです。

山口笑夏

女子寮では同期と関係は深まりますか

寮生活は厳しいイメージがありましたが思ったより自由で、自分の時間もしっかりとれます。女性の寮は同じ建物でワンルームマンションを借り上げているので、普段はほとんど一人暮らしと変わりません。でもいざ困った時に近くの部屋に行けば、同期が生活しているので心強いんです。この前も鍵を忘れた時に助けてもらったり(笑)。一人暮らしは初めてだったので不安はありましたが、近くに同期がいるので安心でした。
困ったことがあれば周りの同期が助けてくれるし、食事も用意してもらえるので、一人暮らしデビューには最適だと思います。

ブ タンフン

耕風寮での生活は楽しめましたか

入社前に開催された寮見学会で感じた楽しそうな雰囲気そのままでした。
やはり寮の運営上、食堂、トイレ、浴室など共同で使用する場には細かいルールが多く、最初全員でルールを守ることが大変でした。しかし、どれも集団生活をする上で必要なものでしたし、一つ一つルールを守ることで自分の成長にもつながりました。
耕風寮では一年を通してこのようなイベントが多いです。同期会、体育祭、寮祭、飲み会など、同期と思い切り楽しめる企画がたくさんあります。
寮役員は寮生に対して厳しく指導していることもあるけど、飲み会やイベントなどの場ではすごく優しくて面白いですよね。
これまで一人暮らしをしたことがなく、社会人になってからの生活を心配している就活生の方もたくさんいると思いますが、新菱冷熱は、寮生活になるため、耕風寮では同期の間で協力し合い、助け合って生活するのでその心配はまったく必要ありません。男女関係なく仲良くできると思います。

本田千馬

想像していた寮生活とのギャップはありましたか

私が感じた一番のギャップは、まるで学校のように寮での規則が定められていることです。寮ではただ楽しく同期と自由に過ごすのだろうと思っていましたが、入寮して間もない頃は、ルールがあり生活しにくいと正直感じていました。しかし、慣れれば生活のしにくさはなくなりますし、むしろ社会人として最低限できていなくてはいけないものばかりだと気が付きました。現場研修の際には、声かけの徹底やこまめな清掃など、寮のルールと現場のルールとの共通点が多くあり、ルールを守る重要性を実感しました。つい最近まで学生だった新入社員にとっては、社会人になるにあたって意識を変えるためのいい機会だと思います。

1年の生活で同期との関係は深まりましたか

私は4月の1ヶ月間生活班の班長をやりました。個性が強い人もいれば、性格が違う人もおり、初めて会ったばかりの班員をまとめるのはとても大変でした。しかし4月の同期会でボーリング大会や懇親会の企画等で協力していく中で徐々に打ち解け、班もまとまりが出てきました。
耕風寮での生活で、『同期との絆』は間違いなく強くなりました。苦楽をともにし、辛い時は相談しあい、時には愚痴もこぼしたり、そんな仲間が常に近くにいる環境はとても恵まれていたと思います。分からないことだらけでも、周りに仲間がいるだけで気持ちに少し余裕ができました。
もうすぐ耕風寮の生活は終わりますが、同期全員と寮で過ごした時間は忘れません。これから各々の職場に配属され離れ離れになっても、悩んだり困った時は同期を頼りに頑張っていきたいと思います。

先輩の寮役員との関係はどうでしたか

寮役員は全員、とてもエネルギッシュで優しい方です。寮のイベントの時など、我々新入社員よりも楽しんでいる寮役員を見ていると、自分が学生時代に戻ったような感覚にもなります。そんな寮役員も気持ちの切り替えが本当に上手で、先輩社員として見習うべきところが多く、本当に頼りになります。
普段から私たち寮生を気にかけてくださり、寮内で会う時と気さくに話しかけてくれます。相談もしやすいですし、親身になって話を聞いてくれるのでとても大きい存在だと思っています。

人財育成について


研修担当が語る人財育成
教育体系図
新入社員教育スケジュール
寮役員が語る
新入社員が語る
耕風寮について