MENU

人財育成について

寮役員が語る

寮イベントや運営について

隈本

寮長になって思うのは、人に教えるのは難しいなと。教えるからには、自分が知っている、できることが大前提ですから。どう指導すれば理解してくれるのか、動いてくれるのか考えながら指導するようになったことは、仕事でも役立っています。
後輩へ仕事を頼む時に、どう言えば自分が思っていることを100%伝えられるか。「伝え方」が寮役員をする中で身についていったと思います。

村松

私も寮長と同じように、人に教えるということを学んだと思います。ほかの2年目社員と違って、寮役員は何十人もの後輩を指導する立場となります。なかなかこちらの言うことを聞いてくれない後輩もいますけど、逆にそういうタイプにはどう伝えたらいいか考えるようになりました。
ただ日々の仕事に加えて寮で新入社員の面倒をみることになるので、バランスを取るのは大変ですね。

佐々木(勇)

教えられる立場から教える立場に替わって気付いたのは、理解している部分・わからない部分が一人ひとり違うということです。だから、どこが理解できていないのかきちんと確認してものごとを進めないとミスが起こるのだなと知りました。「大丈夫です」と言っていても、実際は理解していないことがけっこうあります。
一度言ったから大丈夫だろう、ではなく疑問点や困ったことはないか確認するのがとても重要であると寮役員になって学びました。

佐々木(知)

私は1年目の時はただただ寮役員を頼りにしていて、とても尊敬できる先輩といった印象でした。でも、自分がいざ寮役員になってみると、裏ではこんな苦労・準備をしていたのだと気付かされ、改めて先輩のすごさがわかりました。
やっぱり皆さんと同じで、寮役員として後輩を指導する経験は仕事でも役立っていますね。後輩に仕事を教えるときとか、どう話したらうまく仕事が進んでいくか、少しわかるようになりました。

大塚

もともと私は、大学時代はイベントの幹事役などを避けてきました。でも、寮役員になるとイベントの計画・実行も担当していくことになりますので、大人数をとりまとめる能力はついてきたかなと思います。
いま職場にフィリピン人の後輩がいるんですけど、その後輩とうまくコミュニケーションがとれるのも、寮生活でイベントの幹事をして多くの人と関わってきたからだと思います。

福留

私は寮役員になって、自分が仕事でがんばる理由が増えたなと感じています。
今年は70名以上の新入社員が入ってきて、彼らの顔を見ると自分のため、会社のためだけじゃなくて、彼ら一人ひとりのためにも仕事をがんばらなきゃいけないというモチベーションが生まれてきました。確かに、先輩としていいところを見せたいという気持ちもありますけど(笑)。
特に、寮に帰って新入社員の顔を見ると、彼らのためになにかできることはないかと考えますし、少しでも会社がよくなるようにがんばろうと、彼らに背中を押されているように感じます。 それから、寮役員になってからの方が、寮のイベントが楽しくなりました。立場上、日常は寮生に厳しく接している分、肩の荷を下ろせるからですかね。

中西

新入社員の時は、自分と気の合う人とだけいればよかったんですが、寮役員になると、自分の苦手なタイプも含めいろいろなタイプの寮生をサポートしなければなりません。そういう経験をする中で、どのタイプにはどういう接し方をすればいいのか、対応力がついてきた気がします。
施工管理の仕事では、計画を立ててもその通りいかないこともけっこうあります。施工管理は協力会社の方と一緒に建物をつくる仕事ですので、寮役員でいろいろなタイプの人と接した経験は仕事でも活きています。また、施工管理は計画通り仕事が進まないこともありますが、そういったときに臨機応変に集団を先導していく力も身につけたと思います。

佐野

私はもともと好きなことと嫌いなことがはっきりしていて、興味のないことには取組まない傾向がありました。でも、寮生にはいろんな人がいて、特に寮役員になると今まで興味がなかったことでも取り組むきっかけが出てきます。そういう意味で、寮役員は自分自身を変える機会にもなったかなと思います。
寮生からボルダリングに誘われ、正直面倒くさいなと思ったんですけど、やってみたらすごく楽しくて。今までの自分だったら絶対行かなかったですが、自分の新たな一面を見つけることができました。

佐藤

私は寮役員になって、臨機応変に対応できる力がついたかなと感じています。イベントなどは、いつも企画した通りにいくわけではありません。そんな時、状況に応じて自分から率先して動けるようになりました。
これは仕事でも一緒で、例えば急な設計変更に対して、以前だったら困惑するだけで自分の力で解決の方向性を見つけられませんでしたが、今は自分で対応を考え、上司に相談しながら解決することができるようになりましたね。

赤瀬

私も寮イベントの運営で学ぶことが多かったですね。イベントでは、料理の発注など当日の運営だけでなく事前に準備しなければならないこともたくさんあり、その段取りをしなければなりません。何度か経験するうちに、いつまでに何を準備すればいいのかがわかってきて、自分なりに成長したなと感じるようになりました。
仕事でも段取りが重要なので、図面の提出期限から逆算して、協力会社にはいつ依頼して、いつまでに提出してもらえば良いかがわかるようになってきて、寮役員の経験が活きていると感じます。

人財育成について


研修担当が語る人財育成
教育体系図
新入社員教育スケジュール
寮役員が語る
新入社員が語る
耕風寮について