MENU

人財育成について

寮役員が語る

就活生へのメッセージ

赤瀬

私がまず伝えたいのは、就職先はよく考えて決めてほしいということですね。就職活動を通じていろいろな企業や人と出会っていくと思いますが、出会えた縁をひとつひとつ大切にして、自分に一番合うと思う会社を選んでください。また、就職活動が思うようにいかず悩むこともあると思いますが、失敗もすべて勉強だと思ってがんばってください。

佐藤

新菱冷熱では、新入社員全員が1年間同じ寮で生活します。こんな会社はきっと、あまりないと思います。これから長い社会人生活をしていくなかで、悩みもたくさん出てくると思いますが、そんな時、寮生活で培った同期との絆が大きな助けになるはずです。

佐野

私は単純に、残りの学生生活を楽しんでくださいと伝えたいですね。社会人になり環境が変わることで、慣れない生活に悩むことも出てくると思います。そういう時、最初に頼りになるのは学生時代の友人ですから。
ただ佐藤も言っているように、1年間の寮生活で同期とは自然と強いつながりができますので、入社後の人間関係を心配しなくても大丈夫ですよ。

中西

私も、残りの学生生活を楽しんでほしいと思います。社会人になると、学生時代より自由な時間は少なくなります。今の時間を、自分の好きなこと、やりたいことに費やしてほしいです。

福留

寮生活と聞いて不安に思う人も多いと思うんですが、仕事上のつらさや悩みも、この寮ならみんなで話して支え合っていける関係が築けますので、心配する必要はありません。新菱冷熱は、1年間の新入社員教育だけでなく、2年目以降の教育体制も充実しています。若い人を受け入れる準備もしっかり整っていますので、安心して入社してほしいと思います。

村松

新菱冷熱は、人を大切にする会社です。教育期間が1年間あるというのもそうですし、そのあとの研修も充実しています。それから、同期との横のつながりだけでなく、寮役員、同じ職場の先輩や後輩、そして役員も含め縦のつながりが深いのも特徴です。部や課の違う部長や課長も、廊下ですれ違うと声をかけてくれたり、プライベートでスポーツ観戦に行ったり、風通しのいい環境です。

佐々木(勇)

社会人になると、学生時代とは違い、自分の行動には必ず責任が伴います。そして、最初からできる人はいませんので、みんな必ず失敗をします。ただ、新菱冷熱では失敗しても同期や先輩が必ずサポートしてくれますから、積極的に新しいことにチャレンジすることができます。

佐々木(知)

私は就職活動で、新菱冷熱を含めて5、6社の会社説明会に行きましたが、会社によって雰囲気が全然違いました。これは企業のパンフレットやホームページを見ただけでは絶対にわかりません。そしてその雰囲気というのが会社選びには一番大切だと思います。私が新菱冷熱に入った決め手は、説明会の時に接した何人かの社員がみんな仲がよさそうだと感じたからです。皆さんもぜひ、いろんな会社の説明会に行って、自分の肌で雰囲気を感じてみてください。

大塚

建築は扱うモノが大きい分、完成させるまでの苦労もありますが、それに比例して大きなやりがいがあります。また、同じ建築でも、建物50年と言われているのに比べて設備の寿命は15年から20年と言われており、将来もコンスタントに仕事が出てきます。設備業界の中でも、新菱冷熱は新入社員教育が1年間あり、人を大切にする会社という印象だったので、入社を決めました。

隈本

就職することで学生から社会人というまったく別のステージに移行する不安を持つかもしれません。しかし、寮生活によってたくさんの仲間といることで不安を解消し、みんなで成長していけます。寮というと制約が多いイメージを持たれる方もいると思いますが、団体部屋ではありませんし、部屋ではプライベートの時間を過ごすことができます。食事は平日の朝夕と、土曜の朝は用意してもらえますが、希望性ですので、外食したいときは好きなものを食べに行くこともできます。
これからの長い社会人生活をいろんな意味で支えてくれる同期とのつながりをつくり、仕事で必要なコミュニケーション能力を養うという意味でも、耕風寮での経験は間違いなく大きな財産になります。食わず嫌いにならず、不安がらず、ぜひ耕風寮の仲間に加わってください。待っています。

人財育成について


研修担当が語る人財育成
教育体系図
新入社員教育スケジュール
寮役員が語る
新入社員が語る
耕風寮について