現場実習教育について

電気計装の仕事がしたいと具体的に感じた

中出晃寛

技術系・理工学部 電気電子工学科出身

現場実習教育を通じて、漠然としかイメージできていなかった施工管理の仕事をしっかり理解することができました。電気計装の魅力はボタン1つで建物全体をコントロールできるところです。中身がすごく複雑ですが、お客様が求めている制御システムを理解して作り上げていくことはとてもやりがいがあると思います。人間の体でいう心臓部分を扱う仕事であり、建物の重要な部分ではありますが、20代のうちに現場を任せられるようになりたいと思っています。