海外短期トレーニー制度について

海外では語学力よりも、技術的な知識が重要と実感

佐野楓樹

技術系・システム科学技術学部 建築環境システム学科出身
研修先:アラブ首長国連邦

私は海外旅行の経験もなく、英語もあまり得意でないので言葉の壁が一番不安でした。現地(アブダビ国際空港)では、ローカルスタッフに英語で地域冷暖房の仕組みについて教えていただきました。設計図を見ながらだったので、一番不安に感じていた言葉の壁は思いのほか問題ありませんでした。それよりもむしろ、技術的な知識の方が重要だと感じました。今までは海外勤務はできれば遠慮したいと思っていましたが、日本では経験できないような大規模な現場の施工に携わることができるので、自分のスキルアップを考えるとチャレンジしてもいいかも、と思い始めています。そのためにも、早く日本で沢山の経験を積みたいですね。