MENU

女性社員の活躍

キャリアを支えるために

新菱冷熱では女性がより活躍できる企業を目指し、制度の充実・拡充及び社内風土の醸成を図っています。

目標

以下のように定量的・定性的目標を掲げ、女性活躍推進に取り組んでいます。

定量的目標

1. 5年以内に、女性総合職数を現状の2倍以上(80人程度:全体比5%程度)

2. 10年以内に、女性総合職数を現状の4倍以上(160人程度:全体比10%程度)

参考:2015年10月1日現在:女性総合職比率 約2%

日本経済団体連合会のウェブサイトでは、新菱冷熱の「女性の役員・管理職登用に関する自主行動計画」を公開しています。女性が無理なく働き続けられる環境の構築と、女性の活躍促進に向け、女性総合職採用を促進しています。

女性総合職採用人数

採用年度女性総合職採用人数
2015年7名
2016年9名
2017年12名

定性的目標

1.絶対数の増加策女性総合職の絶対数を増やすことにより、活躍のための課題の顕在化を図ります。
2.各種制度の拡充等 総合職の長期勤務の障害となっている制度上の課題の解決を図ります。
3.社内風土の醸成社員の多様な勤務形態・ワークライフバランスの実現に向けて、社内風土の醸成を図ります。

制度

生活事情・家庭事情に合わせた柔軟な働き方を可能にするため、制度設計を進めています。

2015年10月より、新たに2つの制度を制定しました。

1. 配偶者帯同転勤制度配偶者の転勤に合わせた異動(転勤)を認め、弊社での継続勤務を支援する制度です。

制度を利用した社員の声

2015年に、「配偶者帯同転勤制度」を使って、夫の暮らす宮城県仙台市に転勤しました。結婚した当初は、東北と首都圏との別居生活で、お互いに仕事を続けることにしていました。ところが妊娠したことから、子育てをする上で同居が必要ではないかと考え、育児休暇中に上司に相談し、制度を利用することにしたのです。
現在は育児のため、時短勤務をしています。子どもの病気等で休みをもらったりと、周りの人に助けてもらいながら、業務効率を上げ、限られた時間でもしっかり仕事を仕上げられるよう努力しています。そして育児が一段落したら、今度は育児や介護で時間が限られている人のフォローができるようになりたいです。

齋藤綾加(設計職)

2. カムバック制度育児・介護、又は配偶者の転勤に伴い退職した社員に復職を認める制度です。

そのほか、ライフイベントに応じて様々なサポートを行っています。

会社の制度 会社の対応
結婚
  • 結婚祝い金の支給
  • 家族手当の支給
担当者により、結婚に際する社会保険の手続きを案内しています。
妊娠
  • 妊娠期間中および出産後1年以内の女性社員の就業時間内通院
  • 妊娠期間中の通勤緩和(1時間)
状況に応じた通院をサポートしています。
妊娠期間中の社員の健康管理のため、通勤時の混雑が負担とならないよう、通勤時間に1時間の緩和時間を設けています。
出産
  • 出産休暇(産前6週間(多胎の場合産前14週間)、産後8週間)
  • 出産育児一時金・付加金(出産費用補助 社会保険給付)
  • 出産手当金(出産休暇の期間について、給与の2/3相当額を補償 社会保険給付)
  • 育児休業(最大2年)
  • 育児休業基本給付金(育児休業の期間について休業開始前の賃金の50〜67%相当額を支給 社会保険給付)
  • 出産祝い金の支給
  • 家族手当の支給(子を扶養する場合)
出産前に不安を抱える社員に寄り添えるよう、同性の担当者が対応を行っています。
産前休暇に入る前の社員に対し、人事厚生課長と育児休業担当者による面談を行っています。
産休・育休中に必要な手続きの説明をはじめ、復帰時の希望をヒアリング、それに対するアドバイス行うことで、長期休暇に対する社員の不安を取り除くことができるよう心がけています。
また、担当者により、産休・育休中の社会保険の給付について事前に案内を行っています。
職場復帰
  • 小学1年生終了までの子を養育する社員の時短勤務(2時間)
  • 小学3年生終了までの子を養育する社員の緊急時の在宅勤務および時間の繰り下げ
社員の家庭状況に合わせて柔軟な運用を行うことで、より長く働くことの出来る環境を形成しています。

ダイバーシティ教育の実施

女性総合職向けキャリアデザイン教育

2016年9月、24名の若手女性総合職を対象に「女性総合職対象のキャリアデザインセミナー」を行いました。本セミナーは、女性総合職が意欲的に働き続けるための意識づけを行い、ライフイベントとの両立を図るための方法を学ぶことを目的としたものです。外部講師による講義や参加者同士のディスカッショッンを通し、自ら振り返ることで、あらためて5年後、10年後の働き方や将来の仕事への目標を考える機会となりました。

女性総合職向けセミナーの様子

現場ではたらく女性社員のための安全用品を展開

女性用安全用品の導入

新菱冷熱は「女性がはたらきやすい職場」の支援を目的に、現場ではたらく女性社員のための安全用品を導入しました。
当社の安全基準を満たし、かつ女性が使いやすく体型にあったサイズの作業着・ヘルメット・安全帯などを製作。ほかにも、安全靴や保護メガネ等の市販品についても女性用サイズを集め、社内購買サイトで展開しています。

作業着・ヘルメットの製作にあたり

新菱冷熱の安全衛生管理や現場の安全指導を担当する「安全統括部」が、安全面と機能面を検討・検証しました。
また、ダイバーシティの取り組みの一環として、「女性がより活躍するための取り組み」を推進する「CSR推進室」が、現場ではたらく女性社員からのヒアリングや、試着による用品の選定・改善を、安全統括部と協力して実施しました。

新菱冷熱基準の安全用品一式

女性社員の活躍


女性社員座談会(1)
女性社員座談会(2)
上司が語る
キャリアを支えるために