MENU

女性社員の活躍

女性社員座談会(2)

安保奈々子 2011年入社 設計 藤田香野 2013年入社 設計 永吉美和子 2010年入社 積算 小野田早紀 2009年入社 工事営業

空調技術によって省エネに貢献
地域冷暖房というまちづくり的ダイナミズムも

― 新菱冷熱を就職先として選んだ理由を教えてください。

安保

私は小さい頃から住宅図面を見るのが好きで、その延長に今の仕事があるように感じています。これからは工事が増加すると見込まれるので、建設業界の中でも特に設備系に将来性を感じ、新菱冷熱に入社を決めました。

藤田

私はまちづくりに興味があり、建築都市デザイン科に入り勉強する中で、省エネに関心を持つようになり、そこで空調という分野に出会いました。一方でまちづくり的な仕事への関心は捨てることなく携わりたいと思っていました。

永吉

新菱冷熱ならば、地域冷暖房(DHC)も手がけているから、まちづくり的な要素にも関わっていけますよね。

藤田

それも新菱冷熱を選んだ決め手の一つになっています。

永吉

私はもともと美術や意匠系にも興味があったのですが、自分の適性や将来性も考えて環境に携われる企業を選びました。建物全体を広く考えるゼネコンよりも専門分野に特化したサブコンの方が自分自身の専門性を高められると考えました。中でも新入社員研修など教育制度が充実している新菱冷熱に決めました。

安保

1年間の研修中は寮(女性は借り上げ社宅)で同期と生活すると聞いて、当初は面倒だなと思ったこともあったけれど、結果的には同期と生活した1年がとても良かったですね。50人近い同期と深いつながりができたことはその後の仕事の上でとても重要だったと思います。

小野田

私は、会社説明会や面接で出会った社員の人たちの雰囲気が良くて、こういう人たちと一緒に仕事がしたいと感じたのが大きいですね。事務系採用は営業になる可能性が高いので、対個人ではなく対企業の営業をしているというスケールの大きさも魅力でした。

永吉

仕事のスケールの大きさはたしかに魅力ですね。DHCであれば機器の能力や配管の口径なども一般物件とは違ったダイナミズムがあります。

安保

他社では、各職種ごとに採用してジョブローテーションを行わないところもあるようですが、新菱冷熱はジョブローテーションで設計や施工管理など多角的に経験を積ませてもらえるのもいいと思いました。

女性社員の活躍


女性社員座談会(1)
女性社員座談会(2)
上司が語る
キャリアを支えるために