MENU

研究テーマ

開発技術
ホルムアルデヒド除去システム

高性能の除去装置と独自の気流方式で、安全な作業環境を実現

背景と概要

病院、医薬品研究所の病理検査室や解剖実習室では、作業者に対するホルムアルデヒドの曝露防止対策(ホルムアルデヒド管理濃度0.1ppm以下)が求められています。この問題を解決するために2つの技術「発散抑制気流方式:U flow system」と「ホルムアルデヒド除去装置:MediECO-FA」を開発しました。これらによって、除去性能、作業性、省エネルギー性に優れた安全な作業環境を実現します。

内容

発散抑制気流方式
U flow system(ユー フロー システム)

(特許第5476433号)
曝露リスクの高い切出作業台用の局所排気システムです。U型の気流により、ホルムアルデヒドの拡散を抑制しながら排気する技術です。

作業性

大型の装置やダクトが不要なため、作業者間のコミュニケーションを阻害することなく、高い作業性を実現します。

捕集率

気流によるホルムアルデヒドの捕集率は95%以上です。

システム構成

ホルムアルデヒド除去装置
MediECO-FA(メディエコ エフエー)

(特許第5385101号、国際公開番号WO 2013/057791 A1)
独自の薬液を用いた湿式のホルムアルデヒド除去装置です。循環除去方式に用いるだけでなく、排気処理装置としても使用できます。薬液は安全性の高い食品添加物です。

トップレベルの除去性能

循環除去方式の場合、全外気方式と比較して外気処理負荷を40%以上削減できます。

環境負荷の低減

排気処理装置として用いた場合、屋外排気による環境汚染を防止できます。

システム構成

導入実績

大学病院、地域医療支援病院、医薬品研究所

その他の研究テーマ例

【基盤技術】極微量成分分析技術

環境中に微量に存在する化学物質や微生物を測定する技術

【基盤技術】数値流体シミュレーション技術(Computational Fluid Dynamics)

計画、設計、施工のすべてのプロセスにおいて、水・空気の流れ、温度分布、化学物質濃度分布などの環境予測を行う技術

【基盤技術】フィールド計測・制御技術

実環境のあらゆる物理量を正確かつ効率的に計測する技術、および計測システム

【基盤技術】音響・振動制御技術

設備機器の騒音・振動を制御し顧客のニーズにあった環境を提供する技術

【開発技術】ホルムアルデヒド除去システム

高性能の除去装置と独自の気流方式で、安全な作業環境を実現

【開発技術】氷蓄熱システム『ザ・自由雪計®』

過冷却水から製氷装置『トランスペット®』(特許第3338657号)でシャーベット氷を製造し、離れた蓄熱水槽まで圧送できる氷蓄熱システム

【開発技術】ICTによる施工イノベーション

ICタグ、スマートフォンを利用した施工管理の合理化システム

技術について


キーワードで見る新菱冷熱工業
施工実績
中央研究所