MENU

ポジティブな姿勢の就活生が集う

山北桜子02

 大学の研究室で室内環境について学んでいたため、設備業界に関心を持つようになりました。学生時代はゼネコンの存在しか知らなかったのですが、空調を手がけるサブコンという存在に興味を持ち、会社説明会や研修寮の見学会などで実際に新菱冷熱の社員と出会って、その真摯な働きぶりに共感して一緒に働きたいと思いました。大手メーカーの説明会では、学生から「休みが取れるか」「残業はあるのか」といった消極的な質問が多く、一方の新菱冷熱の説明会では「こういうものづくりができますか」といったポジティブな質問が続き、集まって来る就活生にも社風が反映されるのかな、と感じたことは印象的でした。

せっかくなら施工の現場に浸かりたい

 入社後、新入社員の現場研修で配属された都心の新築ビル現場は、先輩社員にもゼネコンの社員にも女性がいたので、女性に配慮された働きやすい環境でした。その後設計に配属され、今は丸の内支社で改修物件を多く手がけています。設計の仕事というのは、ずっと社内で図面を書いているようなイメージを持っていたのですが、実際には「今、現場の工事はここまで進んでいるから見に来ない?」と声をかけられることも多く、度々施工現場に足を運ばせてもらっています。現場で図面が現物になっていくのを目にすると、迫力も違いますし感動もひとしおです。特に、改修案件は工期も短いので、自分たちが設計を手がけたものが次々と形になっていくダイナミズムを日々感じています。

山北桜子01

 私たちは、お客様が何を求めているのかを的確にくみとる能力が求められます。上司とお客様との会話の進め方や質問の仕方などを傍で見ながら学んでいる日々なので、早く一人前になって改修だけでなく新築案件なども手がけられるようになりたいと思っています。その上で、せっかくこの業界に入ったのですから、現場監督として施工現場にどっぷりと浸かりたい、という思いもあります。ものができあがっていく過程を間近で体感できる施工管理の仕事は、やはり魅力的です。お客様・設計事務所・ゼネコン・協力会社、どこが欠けても成り立たない、みんなで協力して大きなものを作り上げて行く現場の仕事は魅力的ですね。

完成後も残る一品生産の「ものづくり」

山北桜子03

 新菱冷熱の社風の魅力は、アットホームで一体感があるとこだと思います。新入社員の研修で1年間をともに過ごした同期との連帯感は仕事を続ける上で励みになりますし、バスケ部やサッカー部、野球部、剣道部といった部活動を通して、部署や年齢を超えた社内の交流も盛んです。私は大学時代からずっとバスケ部のマネージャーをしていたので、入社後も社内バスケ部の活動にマネージャーとして参加しています。三菱グループ内のバスケ部の交流試合などもあり、常連の部員たち20名前後が結構真剣に汗を流しているんですよ。

 私がこうして新菱冷熱の一員として充実した日々を送っていることを、北海道の両親も喜んでくれています。ある時、私が関わった商業施設のオープンの日にちょうど父が上京していたので、一緒にそこへ行って私の仕事を見てもらうことができました。完成後もずっと自分の関わった仕事が残るというのは嬉しいですし、規格生産するメーカーと違って一品生産の仕事ならではのやりがいを実感しました。

仕事や人について


将来の私を考える 仕事のやりがい
先輩社員一問一答