MENU

大学時代の研究内容

外張断熱工法を用いたスチールハウスの温熱環境シミュレーション
金属熱橋を有する壁体の温度分布予測と年間熱負荷計算

入社してからのキャリアパス

2005年入社
2006年都市設備事業部技術二部
耕風寮副寮長(任期一年)
2008年主務昇格
2009年管工事施工管理技士1級 資格取得
排水設備工事責任技術者 資格取得
監理技術者(管工事) 資格取得
2010年首都圏事業本部 第二エンジニアリング部技術三部
2011年首都圏事業本部 第二エンジニアリング部技術二部
2012年主任昇格
首都圏事業本部 第二エンジニアリング部地域冷暖房部
2013年都市環境事業部地域冷暖房部
2015年都市環境事業部技術一部

Q1 就職活動の際にどのようなことを基準に企業探しをしましたか。
また、新菱冷熱を最終的に選んだ理由は何ですか?

大学時代は建築を学び意匠も好きでしたが研究室が環境系であったこともあり、建物を造るだけではなく建物に命を吹き込む設備の仕事に興味を持ちました。このような設備業界の分野でやりがいを感じる事のできる企業を基準に就職活動を行っていました。
最終的な決め手は、面接時の対話が一方的でなく面接官とのコミュニケーションが他の会社よりも充実していたと実感でき、この会社で働きたいと思えたからです。

Q2 入社前の新菱冷熱のイメージは?そして入社後の実感は?

業界的にも、先輩が厳しく逆らいにくいイメージがありましたが、入社後は先輩や上司の方々が親身になってくれる会社だとわかりました。
仕事に対して時に熱く時に楽しく指導を受けています。

Q3 現在はどんなお仕事をしていますか?

地域冷暖房施設の熱源改修工事の現場代理人(所長)をしています。
日々、安全・品質・工程・原価を意識しながら業務に取り組んでいます。

Q4 苦労や大変さを含め、仕事の魅力ややりがいを教えてください。

現場作業は常に危険と隣合せです。作業員の方が災害を起こさないように、不安全作業をしている時は注意をしますし、作業がやりにくい場合は無理をさせず安全設備や手順を整えてから作業をさせるなどの判断と創意工夫が必要です。
また苦労が多い分、現場が無事に竣工し、お客様から感謝のお言葉などを頂いた時には、安堵感と達成感に包まれます。

Q5 会社・現場の雰囲気を教えてください。

作業員の方々とコミュニケーションをとり、良い雰囲気の中で作業が出来ています。

Q6 仕事上での夢や目標を教えてください。

現場代理人(所長)になって未だ数年しか経っていないので沢山の経験を積んで、いずれは大型物件の所長になれるように日々精進しています。

Q7 学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

社会人になっても日々勉強です。

Q8 オフタイムはどのように過ごしていますか。

子供たちと遊んで奥さんとの買い物です。

Q9 就職活動をしている学生さんに一言お願いします。

今はインターネットで様々な情報が入手出来る分、錯綜してしまうこともあります。
就職活動は精神的にも肉体的にも大変かもしれませんが、自分の足で会社に赴いて自分の目で見て聞いて確かめて下さい。また一人で悩まずに家族や友人、研究室の先輩などに相談してアドバイスを貰いながら、最終的に自分のやりたい事を見つけられるように頑張って下さい。

1日のスケジュールの例

8:30朝礼
10:00資機材搬入立会い
11:00工程に関する打ち合わせ
12:00昼休み
13:00現場定例会議
15:00現場巡回
16:30施工要領書作成
17:30作業終了後の現場確認
18:00現場作業内の打ち合わせ

現在の自分の仕事・役割で求められる能力

仕事や人について


将来の私を考える 仕事のやりがい
先輩社員一問一答