MENU

大学時代の研究内容

HDD高記録密度化のためのヘッド浮上量低減技術に関する研究
(サーフィング記録における安定接触条件に関する研究)
磁気ヘッドスライダ表面をFIB(集束イオンビーム)で加工し安定接触を目指す

入社してからのキャリアパス

2012年入社
2013年首都圏事業本部首都圏設計部設計一部
耕風寮副寮長(任期一年)
2014年耕風寮統括副寮長(任期一年)
2015年首都圏事業部技術四部

Q1 就職活動の際にどのようなことを基準に企業探しをしましたか。
また、新菱冷熱を最終的に選んだ理由は何ですか?

事業内容の将来性や規模、またいずれは海外での仕事に挑戦したいと考えていたのでその環境が整っているかを基準にしていました。説明会から内定までの流れにも注目していましたし、説明会に行った際は社員の方々の雰囲気も見ていました。
様々な基準を持って就職活動をしていましたが、最終的には自分が新菱冷熱で働く将来像とキャリアパスが想像できたため、入社を決意しました。

Q2 入社前の新菱冷熱のイメージは?そして入社後の実感は?

入社前は堅い会社のイメージを持っていましたが、入社後は思っていたほどではなく、むしろ柔軟な会社だと思いました。

Q3 現在はどんなお仕事をしていますか?

現場で施工管理を担当しています。取引先との金額交渉、予算管理、増減の見積作成といった原価管理や工程打合せ、資材の発注管理、作業間調整等の工程管理、KYミーティング、現場巡回、安全書類の作成等の安全管理等工事に関わる様々な業務に携わっています。

Q4 苦労や大変さを含め、仕事の魅力ややりがいを教えてください。

日々現場の状況が変化していき、スピード感をもって仕事に取り組め、その中でさまざまな人たちとコミュニケーションを図ることができることが魅力であると思います。
責任を求められる仕事が多く、緊張感がありますが、その結果として自分のした仕事が形として長く残ることは大きなやりがいにつながります。また、ひとつとして同じ仕事がない点も魅力のひとつです。

Q5 会社・現場の雰囲気を教えてください。

現場の雰囲気は、忙しいながらも和気藹々としています。風通しもよく、特に私がいる現場は若い人が多いので親睦も深めやすいと感じています。多忙な時期は、皆で協力して乗り切るというチームワークを大切にする現場です。

Q6 仕事上での夢や目標を教えてください。

目標は2つあります。海外と日本で技術や人を相互交換し、技術向上や人手不足を解消するシステムや組織の構築に携わること、そして業務効率改善や業務改革、技術革新・省力化など 建設業の抱える問題などに新たなアイデアを用いた取り組みに携わることです。

Q7 学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

学生時代の研究・勉強は、細かな手作業やPCでの資料作成で役立っています。また基本的な流体や熱力学の考え方も空調設備を扱う上で基礎的な知識として大いに役立っています。

Q8 オフタイムはどのように過ごしていますか。

会社のバスケットボール部に所属しており、練習や懇親会を楽しんでします。また、友人や同期と外食に行ったり、時間があるときは旅行やレジャーにも出かけています。

Q9 就職活動をしている学生さんに一言お願いします。

数ある企業の中から一社を選ぶのは大変ですが、様々な業種・職種をよく見て、よく聞き、自分の思いを伝えれば自分にあった企業や職場にきっと出会えると思います。

1日のスケジュールの例

8:00朝礼
8:30現場巡回
9:00資材搬入受入
10:00送風機の静圧計算
11:30工程打合せ
12:00昼休み
13:00定例会議
15:00提出書類作成
17:00事務所内打合せ
18:00送風機の再選定

現在の自分の仕事・役割で求められる能力

仕事や人について


将来の私を考える 仕事のやりがい
先輩社員一問一答