MENU

大学時代の研究内容

ブラインドによる近赤外域日射制御と潜熱蓄熱を用いた住宅の室内環境・省エネルギー性能向上に関する研究

入社してからのキャリアパス

2014年入社
2015年技術統括本部中央研究所

Q1 就職活動の際にどのようなことを基準に企業探しをしましたか。
また、新菱冷熱を最終的に選んだ理由は何ですか?

私は建築系出身のため、まずは自分がやってきた研究を生かすことが出来るこの業界で働きたいと考えていました。その中で、会社の規模や施工実績、業界のリーディングカンパニーであること、教育制度や福利厚生が充実しているのか、働きやすさはどうか、などを基準に就職活動をしていました。
最終的に、採用面接の際に自分らしさを引き出していただいたこと、また人事の方が気さくで親しみやすかったことが新菱冷熱を選んだ決め手でした。

Q2 入社前の新菱冷熱のイメージは?そして入社後の実感は?

入社前は真面目な会社という印象を持っていましたが、入社後は意見を可能な限り聞こうとする人情味のある会社だと感じています。

Q3 現在はどんなお仕事をしていますか?

つくば市にある中央研究所で、数値流体シミュレーション(CFD)を用いた新しい空調システムの開発や、空調システムの省エネルギーと室内環境改善の提案を行っています。また、実証実験用の実大実験室を建設計画中です。今後データの取得と解析を行い、省エネルギー性と快適性を両立するシステムを構築し、実物件に導入する予定です。

Q4 苦労や大変さを含め、仕事の魅力ややりがいを教えてください。

研究にはマニュアルがなく、自分で道筋を立てて取り組まなければならないところが大変だと感じます。とは言っても、知識力も技術力もまだ十分に身に付いていないので、先輩方からアドバイスをもらいながら取り組んでいる状態です。今後研究員としてレベルアップしていくことで、困っている人を自分の力で助けられるようになり、「人の役に立てた」という満足感がやりがいにつながるのではないかと思っています。

Q5 会社・現場の雰囲気を教えてください。

執務室の雰囲気はとても静かで、みんなパソコンに向かって黙々と実験データや論文と格闘しています。一方、打合せ室では熱い議論を交わし、研究の質を高め合っています。若手であっても積極的に発言できる雰囲気です。

Q6 仕事上での夢や目標を教えてください。

人の役に立てる人間になりたいです。中央研究所は専門的な知識をもった人がたくさんいて、現場でのトラブルや問い合わせに対応できる力があります。私も人から頼ってもらえるくらいの知識を身につけて、役に立てるよう成長していきたいと思っています。

Q7 学生時代の研究・勉強はどんなところで役立っていますか。

学生時代に取り組んでいた研究と近い分野なので、研究の進め方、実測方法、建築の知識など、仕事のほとんどの場面で役立っています。

Q8 オフタイムはどのように過ごしていますか。

平日は車通勤・デスクワークでほとんど運動をする機会がないので、久しぶりにテニスを始めました。年に数回、新菱男子チームの一員として試合に参加しています。

Q9 就職活動をしている学生さんに一言お願いします。

就職活動は自分と向き合う良い機会だと思います。自分のことを知って、自分に合った会社を頑張って見つけてください。その中で新菱に縁がありましたら一緒に働きましょう。楽しみにしています。

1日のスケジュールの例

8:30ラジオ体操・朝礼
9:00メールチェック
9:30実大実験室の設計、実験計画書作成
10:30中央研究所会議
12:00昼休み
13:00実験計画書作成の続き
15:00現場からのCFD解析依頼の対応
16:00某プロジェクトについて下調べ
17:00某プロジェクトの打合せ
18:00議事録作成

現在の自分の仕事・役割で求められる能力

仕事や人について


将来の私を考える 仕事のやりがい
先輩社員一問一答