多様な
教育の実施

新菱冷熱は、創業以来「人は最大の財産」と考えています。社員の持つ技術・知識・経験こそが、新菱冷熱の経営資源です。社員の力を最大限に引き出すための多様な教育プログラムを準備し、すべての年代・役職の社員が、つねにチャレンジ精神旺盛で、柔軟な発想を持って仕事ができるよう、人材育成を進めています。

教育・研修の推進体制

新菱冷熱の教育プログラムは、教育委員会が中心となって、会社の経営理念や基本精神を理解すること、職務遂行能力を向上させることを目的とした教育プログラムを企画・立案しています。試験委員会では、昇格試験を通じて社員の能力向上を図っているほか、各部署では実務を通じた教育を進めています。

教育・研修の推進体制

教育研修体系

全社必須教育 (集合教育・社内試験)

階層ごとの役割の認識と、知識・技術の向上のため、集合教育と社内試験を必須教育として設けています。新入社員教育では、社員としての基礎力を身に付けるための教育を行います。
そして、2年目以降は、社内試験や社外の認定試験に合格することで段階的に昇格し、管理職へとステップアップしていきます。また、階層別・職種別・年次別の多様なカリキュラムにより、社員一人ひとりが学び続けることができる教育研修体系を整えています。

全社教育 (必須教育)

中堅技術者教育

中堅以上の技術職社員を対象とした「中堅技術者教育」は、現場代理人としての心構えや、現場における予算管理の実践的な手法を学ぶカリキュラムで、現場力の強化を推進しています。

営業・事務職向け技術教育

お客様への提案営業力の強化を目的として、営業・事務職向けに、最新の技術情報や新菱冷熱の保有技術を学ぶ教育を行っています。

全社選択教育

中堅以上の社員を対象に、職責・階層に応じて外部セミナーを選択受講する教育を実施しています。幅広い講座を用意し、個人の基礎力向上を図っています。

部署別教育

部署別に行う実務教育では、「全社教育」と連携し、各部署に特有の内容を中心に教育カリキュラムを計画・実施しています。たとえば、技術職向けには、トラブル事例を教材とした類似トラブルの発生防止教育などを実施しています。
これらの部署別教育により、実務に則した知識の習得を図っています。

重点課題の検討プロセス

新入社員教育

充実した教育カリキュラム

1年間にわたる新入社員教育では、配属直後から、自信をもって働くことができる基礎づくりのため、技術系・事務系それぞれに対して最適なプログラムを準備しています。

充実した教育カリキュラム

1次教育

入社後約1カ月の間、経営理念や会社の制度などの基本的な知識やビジネスマナーなど、社会人としての心構えを学びます。
また、施工現場における安全管理や現場作業の基礎を、技能体験を交えて身に付けます。その他、建築設備の基礎知識に関する講義や、冷凍機・ポンプメーカーの見学なども行い、新菱冷熱の事業にかかわる知識全般の基礎を学びます。

ダクト実習
ダクト実習

施工現場での実習

1次教育終了後、技術系社員だけでなく事務系社員も含め、首都圏近郊の施工現場において、約7カ月間の実習を行います。
実習では先輩社員が教育担当となり、工程・品質・安全に関する管理業務全般と、施工図や主要機器の扱い方など幅広い知識を習得します。新菱冷熱が最も大切にしている施工現場での実習を通じて、事業への理解を深めていきます。

現場実習の様子
現場実習の様子

海外短期トレーニー制度

全新入社員が海外の施工現場に行き、現地に1週間滞在して現場実務を経験することで、海外勤務や海外での生活に対る理解を深めます。
また、現地スタッフとのコミュニケーションを図ることで、グローバルな感覚と海外で働く意欲を持った人材を育成します。

耕風寮
ベトナム

耕風寮内の食堂
ドバイ

施工図教育(技術系)

施工図の基本を学習し、3次元CADを用いて施工図を描く研修を行います。

営業・経理実習教育(事務系)

受注から工事代金の請求事務まで建設業の営業の基礎を学びます。また、経理実習では、決算業務や資金・債権管理の実務など会計の基礎知識を習得します。

新入社員2次教育

新入社員向けの研修・教育の最後には、これから本配属されるにあたっての社会人としての心構えを改めて確認する機会を設けています。

研修寮「耕風寮」

約1年間の「耕風寮」での全寮制教育は、創業当時から続く新菱冷熱の伝統です。ともに生活し学ぶことにより、同期の絆を深めます。
寮では、班ごとに行われるミーティングで、仕事上の不安などを解消したり、先輩のアドバイスを受けたりすることができる体制をとっています。また、寮生同士が語り合えるように、食堂、談話コーナーなど、コミュニケーションスペースを充実させています。

耕風寮
耕風寮

耕風寮内の食堂
耕風寮内の食堂

グループ合同 新入社員教育

国内グループ会社との人材交流

新菱グループには、建設業のほか機械メーカー、システム開発、人材派遣、ホテルなど、さまざまな業種の会社があり、毎年4月に国内グループ会社による合同の新入社員教育を実施しています。2019年は、新菱冷熱を含む国内新菱グループ9社から、新入社員約130名が参加しました。合同教育により、新菱グループをより深く理解し、一体感を醸成することを目的としています。
教育では、「新菱グループをどのように社会にPRするか」などをテーマに、各社混合のチームにわかれてディスカッションを行い、新菱グループの多様性についての認識を深めました。参加者からは、「グループ各社が互いに支え合う大切さを学んだ」「力を合わせれば、グループの力をさらに高められると思う」などの感想がありました。

チームディスカッションでの意見交換の様子
チームディスカッションでの意見交換の様子

海外研修制度

新菱冷熱は、1972年から業界に先駆けて海外事業に着手し、アジア・中東を中心に営業所・現地法人を開設し、事業を展開してきました。近年では、グローバルに活躍できる人材を多く育成するため、さまざまな教育プログラムを設けています。

海外実務派遣制度

新菱冷熱は、1972年から業界に先駆けて海外事業に着手し、アジア・中東を中心に営業所・現地法人を開設し、事業を拡大してきました。グローバルに活躍できる人材を育成するため、国内で実務を経験した入社4~8年目の社員を対象とした海外実務派遣制度を設けています。
この制度では、毎年、公募により選ばれた社員が、1~3年間にわたって海外に赴任し、海外プロジェクトのスタートから竣工までを経験し、さまざまな国のスタッフと一緒に働きながら、仕事の進め方や言葉・文化の違いを学び、尊重することで、グローバルな感覚を身に付けます。実務経験を通して、海外事業を担う若い力を育成する制度です。
2014年から始まったこの制度を活用し、多くの人材がグローバルな経験を積んでいます。

海外現地スタッフとの打合せの様子
海外現地スタッフとの打合せの様子

キャリア採用者の入社時教育

他社・他機関で就業経験のある人材の入社に当たり、キャリア採用者教育を行っています。これは、社是をはじめとする新菱冷熱の創業の理念や基本精神の共有、会社制度・規程を理解することなどを目的としています。そのほか、コンプライアンスや安全衛生管理、情報セキュリティ、防災対策教育も行っています。

資格取得奨励制度

技術やスキルの向上を図るため、資格取得費用や取得者への奨励金の支給などの支援を行っています。業務上、必要な資格だけでなく、能力開発の観点からも幅広く支援しています。

技術系
技術士、1級管工事施工管理技士、一級建築士、1級計装士、1級電気工事施工管理技士 など
事務系
日商簿記検定1級、建設業経理士1級 など

ページトップへ