安全衛生への取り組み

安全衛生基本方針

安全なくして作業なし 安全なくして企業なし

新菱冷熱は、創業時から変わらない安全衛生基本方針のもと、安全を何事にも最優先することで労働災害を防止すべく、全社員と協力会社が一体となって安全衛生活動に取り組んできました。熟練工の減少と高齢者の増加、若手新規入職者の減少などの社会問題を真剣に受け止め、職場環境の改善や技能教育の充実に努めています。

2020年全社安全衛生運動指針

作業手順書の確認を徹底し、近道行動を排除して
ヒューマンエラーを防止しよう

新菱冷熱は毎年、全社安全衛生運動指針を定め、災害防止に努めています。労働災害の多くが、無知・経験不足・不慣れや不注意などのヒューマンエラーが原因です。危ないことをしない・させない組織をつくることで「安全文化の充実」をはかり、ヒューマンエラー防止の徹底に努めます。

活動紹介

ページトップへ