三次元計測システム
「3D-MAPS」

建設現場での計測・墨出し作業を半自動化し、作業精度の向上と省力化を実現

建物の施工時には、各設備の位置を計測する作業や、設置位置にマーキング (墨出し) をする作業が必要となります。この作業の精度向上と省力化を実現するのが、三次元計測システム「3D-MAPS (スリーディー・マップス) 」です。

当社では現場の計測・墨出し作業を1人で簡単かつ正確に行うことを目的として、トータルステーションを利用したシステムを開発しました。従来、トータルステーションの操作には専門の知識と経験が必要ですが、このシステムではスマートフォンを利用した遠隔操作により、簡単にトータルステーションを操作することができます。

特長

  • スマートフォンによるトータルステーションの遠隔操作で、計測・墨出し作業を1人で行うことができます。 (図1)
  • トータルステーションから隠れた計測位置でも、計測ユニット (特許第5044596号) により±5mmの精度で計測ができます。 (図1)
  • トータルステーションから離れた墨出し位置でも、墨出しユニットにより±3mmの精度で墨出しができます。 (図1)
  • 計測したデータを当社開発の三次元CAD「S-CAD」に取り込むことができます。 (図2)
  • S-CADのデータを利用して、墨出しができます。 (図2)

図1 三次元計測システム「3D-MAPS」の概要
図1 三次元計測システム「3D-MAPS」の概要

図2 三次元CAD(S-CAD)とのデータ連携
図2 三次元CAD (S-CAD) とのデータ連携

メリット

  • 建設現場での位置計測・墨出し作業の省力化を図ることができます。
  • 高精度な測量機器を利用したシステムのため、正確な計測・墨出しができます。
  • S-CADとのデータ連携により、データ処理の手間を削減し、人的ミスを防止します。
  • 3次元CADモデルと建物形状との整合が図れるため、BIM (Building Information Modeling) の導入効果が上がります。

ページトップへ