氷蓄熱システム
「ザ・自由雪計®

あらゆる施設に、自由雪計で実現

「施設内の限られたスペースを有効活用し、省エネ・省コストの空調設備を導入したい」、当社では、このようなニーズに対しレイアウトフリーな氷蓄熱システムを開発しました。一般空調設備、地域冷暖房プラント、産業用の冷熱源、食品工場のプロセス冷却設備等、幅広い分野に適用できます。

システム構成

システム構成

要素技術

Layout Free「トランスペット®」が実現する自由設計

  • 製氷装置「トランスペット®」によるダイナミック氷蓄熱システムのため、自由な機器配置を行うことができます。
  • 氷水搬送・分配蓄氷技術 (特許3743889号) によって、確実な搬送と、均一な蓄氷が可能となります。
  • シャーベット状の氷を蓄えるため、氷蓄熱槽の種類・形状・位置に制約はありません。

トランスペット

Renovation 既設水蓄熱槽を氷蓄熱槽に転換

  • レイアウトフリーのため、地下ピットなどの水槽を氷蓄熱槽として利用できます。
  • 「ザ・自由雪計®」氷蓄熱システムと蓄熱槽を配管で接続することにより、氷蓄熱槽が構築できます。
  • 氷蓄熱槽内に製氷コイルを設置する必要がないため、大規模な躯体工事を必要としません。

トランスペット

Energy Saving 冷凍機を高効率に運転、省エネを推進

  • 伝熱効率の高いプレート式熱交換器を過冷却器として採用することにより、ブライン冷凍機を高効率で運転できます (ブライン温度 0℃~-3℃) 。
  • 冷却部と製氷部を分離できるため、伝熱面での氷の成長による伝熱効率の低下が起こらず、冷凍機を高効率で運転できます。
  • 氷蓄熱システムの中でトップクラスの運転効率を実現します。

Discharge 優れた放熱特性

  • シャーベット状の氷は、氷の表面積が大きく、放熱特性に優れています。
  • 0~2℃の低温冷水を安定して取り出せるので、大温度差システムに最適です。
  • 放熱ベース運転やピークカット運転を目的とした1~3時間の短時間放熱が可能です。
  • 数値流体シミュレーション (CFD) により、放熱時の氷の融解状況や、取水温度の変化を事前に予測できます。

放熱シミュレーション
放熱シミュレーション

主な導入事例

  • 和洋学園国府台キャンパス
  • 東京オペラシティ熱供給
  • 某印刷工場
  • 某市立総合病院
  • ドージマ地下センター
  • 新梅田シティ梅田スカイビル
  • 新菱冷熱工業本社ビル
  • モンテールつくば工場
  • 明治安田生命本社ビル
  • 某乳業メーカー
  • 御幸ビルヂング
  • 某飲料メーカー
  • 某医療センター
  • 日本生協連北海道生鮮センター
  • 島根県芸術文化センター

ページトップへ