BIMソリューションズ1
スペーススキャニングシステム

BIM「スペーススキャニングシステム」は、3次元レーザースキャナにより取得した点群データを当社独自のCADソフト「S-CAD」により直接読み込み、正確に3次元モデル化、施設空間を把握し、改修計画などに活用できるBIMツールです。
すでに多数の実績を重ね、施設空間把握から改修計画のスピード化・スマート化を実現し、顧客から高い評価を頂いています。

カタログダウンロードはこちら

計測原理

3Dレーザースキャナは、レーザーを走査しながら高速に連続計測することによって、周囲の形状を点群データ (無数の3D座標点) としてデータ化することができる計測器です。対象物形状の複雑さにあわせて、計測ピッチを調節することができます。1回の標準的な計測時間は、約5分です。

3Dレーザースキャナ

  • 1.既存設備
    1.既存設備
  • 2.点群データ化
    2.点群データ化
  • 3.3D-CAD化
    3.3D-CAD化

スペーススキャニングシステムの事例動画

3次元レーザースキャナーにより取得した点群データで熱源機械室を映像化。 ウォークスルーにより空間を疑似体験。さらに点群から3D-CADに変換しています。

局所排気装置の可視化実験

ページトップへ