教育支援

非常勤講師活動

新菱冷熱では、大学や大学院で社員が非常勤講師を務める機会をいただき、社員が建築設備系や機械・工学システム系などの授業を担当しています。次代を担う学生の教育に携わることで、技術と業界の発展に貢献したいと考えています。

信州大学での講義「女性の立場から見た職業論」

2017年・2018年、信州大学 工学部 電子情報システム工学科2年生と情報工学科3年生を対象に「女性の立場から見た職業論」の講義を行いました。講義では、学生が将来の職業像をイメージできるよう、会社に入って初めに覚えること、年齢・経験により仕事内容や立場が変化していくことなどを具体的に説明しました。また、ライフイベントと仕事の両立は、男女共通の課題であり、キャリアプランを早めに立てておくことへの理解を促しました。

信州大学での講義
信州大学での講義

講義実績

大学名 担当講義
東京理科大学 空調設備特論
名城大学 建築設備工学2
信州大学 女性の立場から見た職業論
大阪市立大学 建築設備Ⅰ
筑波技術大学 システム工学特別講義
エコ環境システム

高校生インターンシップの受け入れ

2017年1月、横浜支社において、神奈川県立藤沢工科高等学校 住環境系2年生の就業体験を受け入れました。3日間にわたる研修では、お客様の要望に応える設計プランの作成実習、現場での屋上冷却塔や衛生設備の見学を実施しました。
また、多くの人の協力で仕事が成り立つことを理解してもらうために、協力会社のダクト製作工場の見学も行いました。就業体験を通じて、建設技術を学ぶ若い世代が、建設業界への理解と興味を深めてくれることを願っています。

現場実習の様子
現場実習の様子

理工系を目指す女子学生の支援

2018年7月、中央研究所において理工系分野に興味をもつ女子学生向けの見学会を開催し、12名の方に参加いただきました。これは、内閣府が推進する理工系女子学生の進路選択を応援する取り組み「理工チャレンジ (リコチャレ) 」に賛同した企画で、今年で4回目の開催になります。空気の流れや温度分布の環境を予測するCFD技術や、ドローンを自動飛行させて風量計測する技術を説明したほか、ダクトの内部を走行調査するモニタリングロボットの操作体験などを交え、空調設備技術について幅広く紹介しました。
見学後は、設計や施工管理を担当する女性社員が、理工系の仕事の魅力について話をしたり、進路についてアドバイスをしました。参加者からは「環境に配慮した技術は興味深かった」「理工系の仕事を知り、進路の選択肢が増えた」などの感想が寄せられました。

  • モニタリングロボット操作体験
    モニタリングロボット操作体験
  • 女性社員とのティータイム
    女性社員とのティータイム

海外からの大学生の受け入れ

2018年5月、香港城市大學 (City University of HongKong) の建築設備専攻の学生30名を、新菱冷熱が施工した地域冷暖房施設に案内しました。グループ会社である新菱香港が、現地で施工中の同施設に興味をもっていただいたのがきっかけとなり、実現したものです。学生の皆さんからは、コージェネレーションシステムのしくみや環境負荷を低減する技術などについて、多くの質問がありました。

地域冷暖房施設の見学
地域冷暖房施設の見学

ページトップへ