• TOP
  • 新着情報
  • 内陸型工業団地初の大規模エネルギーセンター 清原スマートエネルギーセンター建設工事を受注

新着情報

2017.5.10内陸型工業団地初の大規模エネルギーセンター
清原スマートエネルギーセンター建設工事を受注

当社は、東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社 (以下、TGES) から2016年10月に「清原スマートエネルギーセンター建設工事」 (以下、本工事) をEPCC契約※1で一括受注し、このたび着工しました。当社は、スマートエネルギーセンターの建設と各事業所への供給設備工事を担当します。建設場所は栃木県宇都宮市の清原工業団地で、2017年5月9日に起工式が行われ、2019年1月竣工予定です。

建設後は、TGESが清原工業団地内で隣接するカルビー株式会社、キヤノン株式会社、久光製薬株式会社3社の既設7事業所へ電力・熱 (蒸気や温水) を効率的に供給することで、事業所単独では実現できない規模の環境負荷低減を図ります。内陸型工業団地において、異業種複数事業所向けに電力と熱 (蒸気や温水) を合わせて供給する取り組みは、国内初の「工場間一体省エネルギー事業」※2となります。

本工事の設備は、ガスエンジン発電機 (5,770kW) と排熱ボイラ (蒸気3.3ton/h) からなるコージェネレーションシステム (以下、CGS) 6セットと貫流ボイラ (蒸気6.2ton/h) 7基で構成され、今回の工事で敷設する電力供給用の自営線と熱供給配管により、異業種複数事業所に電力と熱を供給します。また、季節や時間帯によって需要が違う各事業所の電力と熱の情報を、本工事で導入するエネルギーマネジメントシステムに集約し、大規模エネルギーセンター1カ所から電力と熱を効率的に供給することで、約20%の省エネとCO2排出量約20%削減を見込んでおります。更に、停電状態で発電機を自立起動させ運転を再開するブラックアウトスタート機能を持たせることで、停電時にも各事業者へ電力と熱の供給が可能となり、供給安定性が向上します。

本工事の受注と併行して当社は、営業統括本部内に「CHP (Combined Heat & Power) 推進室」を2016年10月に新設し、活動を開始しております。これは、今まで長年にわたり国内外で培ってきたCGSや地域冷暖房建設工事の経験とノウハウを生かし、エネルギー市場のニーズに応えるべく特定電気事業などの熱電併給事業、産業用CGSや発電事業分野の国内外の営業強化のためです。
エネルギー市場は、自由化による発電プロジェクト市場の拡大、企業のBCP対応を背景にますます発展していくと考えられます。今後、当社としましてはCHP推進室を中心に「熱電併給プロジェクト」「新電力向け発電所」「産業用大型コージェネレーションシステム」等のさらなる受注拡大を図ってまいります。

※1 役務範囲が設計、調達、建設、試運転までを指す契約
※2 複数の既設の工場間において、生産ラインの統合やユーティリティーの共有によるエネルギーや生産品などの相互融通により、一体となって省エネルギーを行う事業

コージェネレーションシステムの紹介はこちら
地域冷暖房の紹介はこちら


  • 電力と熱 (蒸気や温水) の供給概要図

  • 清原工業団地エネルギーセンターの外観イメージ図

ページトップへ