1分でわかる新菱冷熱

1956年創業の新菱冷熱は、空調、電気、給排水衛生、コージェネレーションなどの総合的な環境づくりを担う、環境エンジニアリング企業。経営ビジョン「さわやかな世界をつくる」のもと、国内外で数多くのビッグプロジェクトを手がけています。

設立 1956年 (昭和31年) 2月23日
資本金 35億円
従業員数 2,052名 (2015年9月現在)
代表者 加賀美 猛
売上高 (連結) 2,368億円
(単体) 1,757億円 (2015年9月期)
本社 〒160-8510 東京都新宿区四谷二丁目4番地
START

ここがポイント

創業以来60期連続黒字を継続
「新菱品質」を高く評価いただいている証です。
「地域冷暖房施工実績」国内シェアNo.1
日本を代表する大規模プラントは、大半が当社の施工です。
業界屈指のグローバル対応力
世界中で手掛けたプロジェクトは数千件。50年にわたる豊富な海外事業の実績がグローバル対応力を証明しています。
充実した人材育成制度
多様な教育制度を通じて、チャレンジ精神旺盛で、柔軟な発想を持った人材を育てます。
管工事部門技術者業界トップクラス
プロフェッショナル集団として、全技術系社員の公的資格取得を奨励しています。
NEXT

事業領域

空気、熱、水、エネルギー、情報、防災、安全、衛生など暮らしのあらゆる分野に関わり、総合的な環境づくりを担っています。

  • 給排水衛生設備日常生活やビジネス、あらゆる場面で必要となる水を供給するため、衛生面や安全面を考慮した給排水衛生設備を構築しています。
  • エネルギー供給設備信頼の施工技術と独自の開発システムで、多様化・高度化が進む空気調和のニーズに対応。高清浄空間の分野でも最先端の技術をお届けしています。
  • 情報管理設備大気汚染の防止と省エネルギー、地球温暖化の防止、効率的・安定的なエネルギー供給等の実現に向け、長年培った技術と実績で社会に貢献しています。
  • 電気設備独自のノウハウによって、施設利用者や運転者の視点から見たファシリティーマネジメントシステムを、綿密なヒアリングを基に提供します。
  • 防災設備受変電設備、照明設備、情報管理設備等あらゆる場面で技術を結集し、空調設備と併せた総合的な省コスト、省エネルギーなシステムを提案します。
  • 空気調和設備火災の監視や警報機能を持つ自動火災報知設備をはじめ、排煙設備、消火設備等最新の防災設備で、かけがえのないものを守り続けています。

国内事例

  • 虎ノ門ヒルズ 国土交通省「住宅・建築物省CO2先導事業」認定プロジェクト全館の空調設備を当社が施工当社開発の中央監視ソフト「sc-brain」導入(地域冷暖房施設用に開発したPCソフトで、熱源機械の運転状況、室内、配管やダクト内の各計測ポイントの温度、流量、圧力などを監視室のPC上で見られるようにするための装置です。当社のソフトは複雑な熱源システムの運用管理に最も適切に対応できるという理由で採用されました。)
  • 中之島フェスティバルタワー 国土交通省「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」認定プロジェクト 14?22Fオフィス部分の空調設備を当社が施工
  • 東京スカイツリーR地区・地域冷暖房 国土交通省「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」認定プロジェクト 「新エネルギー財団会長賞」受賞プロジェクト スカイツリータウンRの全ての空調熱源をまかなう地域冷暖房プラントの機械設備・電気設備を当社が施工 当社開発の中央監視ソフト「sc-brain」導入 国内最高レベルのエネルギー効率プラント 地域冷暖房で国内初の地中熱利用
NEXT

海外事業

海外事例

海外ネットワーク24拠点

ページトップへ