• TOP
  • 環境
  • 環境マネジメントシステムの運用実績

環境マネジメント
システムの
運用実績

営業・設計における環境負荷低減の取り組み

営業・設計では、気流やエネルギーのシミュレーション技術を活用し、お客様に対して省エネルギーシステムや高効率機器の採用など、環境に配慮した提案を積極的に行っています。また、エネルギーマネジメント技術の活用により、お客様の設備システムの省エネルギーをサポートし、CO2排出量の低減を推進しています。

取り組み事例

最適運転支援システムの提案

空調設備の稼動実績および気象予報から、翌日の空調エネルギー需要を予測し、コスト・省エネルギー性などが最適となる運転計画を立案し、ガイダンス表示する最適運転支援システムの提案を推進しています。某大規模ビルでは、このシステムの導入や各種調整により、エネルギー消費量が約6%削減されました。

最適運転支援システムのイメージ
最適運転支援システムのイメージ

CFDによる省エネルギー提案

CFDを用い、最小のエネルギーで、最適な温度、湿度、清浄度などを実現する空調システムを提案します。

CFDによる環境の見える化
CFDによる環境の見える化

設備システムのエネルギーマネジメント提案

設備システムのエネルギー消費量を見える化し、設備の性能を評価します。実際の運転状況をもとに、最適な運転方法やさらなる省エネルギー化の提案を行います。

エネルギー消費量の見える化
エネルギー消費量の見える化

設計提案による運用時のCO2削減率の推移

当社が行った省エネルギーシステム等に関する設計提案によって得られる運用時のCO2排出量の削減効果を推計したものです。

設計提案による運用時のCO2削減率の推移

施工における環境負荷低減の取り組み

建設現場では、IT技術を活用して施工の効率化を図り、CO2排出量を削減しています。また、廃棄物の3Rに積極的に取り組み、現場の環境負荷低減を推進しています。

取り組み事例

BIMを活用したスペースマネジメント

建築意匠、構造、設備それぞれの3次元モデルを統合することで、完成イメージを事前に確認でき、施工中の手戻り作業をなくすことができます。
たとえば、熱源機器などの搬入、組み立ての手順をアニメーションで確認し、搬入時の危険ポイントを事前に把握することで、安全で効率の良い作業を可能にします。

  • 完成イメージの事前確認
    完成イメージの事前確認
  • 搬入シミュレーション
    搬入シミュレーション

スペーススキャニングシステム

3Dレーザースキャナを用いて、既存の建築設備を3次元座標点の集合 (点群データ) としてデータ化することで、短期間で既存の設備に忠実な3次元モデルを作成することができます。

  • 3Dレーザースキャナにより計測した点群データ
    3Dレーザースキャナにより計測した
    点群データ
  • 点群データをもとにした3次元モデル
    点群データをもとにした3次元モデル

廃棄物の3R

配管・ダクト等の鉄くずのリサイクルを積極的に行っています。また、使用期限の過ぎたヘルメットの回収とリサイクルも実施しています。ヘルメットは、社員・協力会社から回収し、専門業者に引き渡しています。その後リサイクルセンターで分別・粉砕されたのち、セメント工場に納入され、セメントを製造するための燃料としてサーマルリサイクルが行われます。さらに、燃焼後に発生した灰はセメントの原材料の一部として再生利用 (マテリアルリサイクル) されます。

  • コンテナを利用した産業廃棄物の分別収集
    コンテナを利用した
    産業廃棄物の分別収集
  • 回収されたヘルメット
    回収されたヘルメット

電子マニフェストシステム

産業廃棄物の適正な処理を徹底し、マニフェスト (産業廃棄物管理票) の管理業務を効率化するため、新菱冷熱では電子マニフェストシステムを導入し、いままでの複写式伝票による紙マニフェストからの移行を進めています。現場での産業廃棄物処理業者の選定に、電子マニフェストに対応した企業を優先するなど、電子マニフェストの普及を推進しています。これにより新菱冷熱では、電子マニフェスト導入率70%で作業時間は67%削減、導入率100%では95%の削減につながると試算し、導入を推進しています。

※電子マニフェストシステム:マニフェスト (産業廃棄物管理票) 情報を電子化し、排出事業者、収集運搬業者、処分業者の3者が情報処理センターを介したネットワークでやり取りするしくみ。

  • 電子マニフェスト
    電子マニフェスト
  • マニフェスト管理に要する時間 (試算)
    マニフェスト管理に要する時間 (試算)

産業廃棄物排出量の全社集計

作業所の産業廃棄物排出量の推移を表したものです。

産業廃棄物排出量の推移

事務所における環境負荷低減の取り組み

事務所活動では、日常業務のなかで環境への負担を低減する取り組みを行っています。

取り組み事例

  • 事務用品、文房具のグリーン購入の推進
  • 電気使用量の抑制
  • 事務用品、文房具の共有化
  • 紙使用量の抑制、再生紙の購入促進
  • 一般廃棄物の適正分別
  • 紙類廃棄物の再資源化

電気使用量の抑制

本社、事業部、支社、支店及び営業所等での電力使用量の抑制に取り組んでいます。

電気使用量の推移

電気使用量の推移

注. 2017年度からは、EMS認証範囲の拡大に伴い増加。

事業用大規模建築物 排出優良事業者に認定

新菱冷熱本社ビルは、新宿区より「平成28年度 事業用大規模建築物 排出優良事業者」に認定されました。
この制度は、延床面積が3,000m2以上の事業用大規模建築物の中で、ごみの減量やリサイクルの推進活動がとくに優れた建築物を、新宿区が排出優良事業者として認定するものです。廃棄物の適正分別や再資源化、紙資源のリサイクルなどの活動を、新菱冷熱の社員一人ひとりが継続して実施してきたことが認められたものです。


ページトップへ