• TOP
  • 新着情報
  • 八幡平市~雪氷エネルギーを活用した、りんどう培養施設によるCO2削減への取組み~

新着情報

2011.6.21平成22年度東北再生可能エネルギー利活用大賞 (雪氷エネルギー部門) を受賞
八幡平市~雪氷エネルギーを活用した、りんどう培養施設によるCO2削減への取組み~

東北支社施工の岩手県八幡平市雪冷房りんどう培養施設の事業主体である八幡平市が、平成22年度東北再生可能エネルギー利活用大賞を受賞しました。
二酸化炭素排出を削減し、低炭素社会の実現に寄与することを目的として創設されたこの賞は、東北経済産業局長より、東北管内の再生可能エネルギー利活用施設において顕著な成果があり、他の模範となる取組みを積極的に展開している団体におくられます。八幡平市は「雪氷エネルギー部門」を受賞し、当社は全体施工 (東北支社) と温熱環境評価 (中央研究所) を担当しました。本施設は雪冷房の導入により、ランニングコストが従来型電気式冷房システムに比べて85%も削減し、飛躍的に低減した実績が評価されました。
この施設は、同年度に空気調和・衛生工学会第24回振興賞技術振興賞も受賞しています。本施設の詳細につきましては、こちらをご覧下さい。


田村八幡平市長 (左側) と重村東北支社長

ページトップへ