安全衛生への取り組み
-活動紹介-

1971年より、新菱冷熱の本社および各支社において、協力会社の皆様による安全衛生協議会と共に、①安全衛生に関する教育、②災害事故の原因調査および対策、③パトロールによる教育および指導、④労働法令その他安全衛生に関する広報活動などを周知することによる、安全意識の向上を図っています。

協力会社の皆様との連携 (安全衛生協議会)

職長・安全衛生責任者教育

本社および各支社では安全衛生協議会が主体となって年間計画を立て、協力会社を対象にした職長・安全衛生責任者教育や各種特別教育を実施しています。
とくに、事業主の代理人となる職長は安全衛生管理のキーマンと考え、危険性・有害性を的確に特定し、災害防止対策を立案できるように、職長・安全衛生責任者教育の修了者の配置を推進しています。また、「職長安全衛生責任者能力向上教育」については5年に1回の受講をお願いしています。最近では、2019年から使用が義務づけられたフルハーネス型安全帯をはじめ、高所作業車運転・足場組立・酸欠作業・石綿などの特別教育を積極的に開催して、協力会社の方の資格取得を推進しています。
その他、法律の改正により必要となる作業員の特別教育についても、年間計画に取り入れて、その作業に支障のないよう資格取得を推進しています。

  • 安全衛生推進大会 (安全衛生協議会との共催)
    安全衛生推進大会 (安全衛生協議会との共催)
  • 安全衛生協議会月例パトロール
    安全衛生協議会月例パトロール
  • フルハーネス型安全帯使用特別教育
    フルハーネス型安全帯使用特別教育
  • 高所作業庫運転教育
    高所作業車運転教育

労務安全研修会

本社安全衛生協議会・労務安全研修会を開催し、「建設キャリアアップシステムの登録手続き」「墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン」など、労働安全に関して推進・強化すべき取り組みについて研修会を行い、知識と安全意識の向上を図っています。

本社安全衛生協議会・労務安全研修会
本社安全衛生協議会・労務安全研修会

建設キャリアアップシステム

「建設キャリアアップシステム」は、技能者が積み上げてきた技能や経験を客観的に証明することを目的に、国土交通省や建設業界団体などが連携して検討が進められ、2019年4月から運用が開始されました。新菱冷熱では、その運用を促進することで、技能者本人のキャリアだけでなく、キャリアを積み上げた技能者が多く所属する協力会社の「技能の見える化」につなげ、施工品質の向上を図りたいと考えています。

建設キャリアアップシステムのカードリーダー
建設キャリアアップシステムのカードリーダー

海外での安全衛生活動

海外の各拠点において、現地法人の社長、技術・安全スタッフ、協力会社などの関係者が参加する 「セーフティーフォーラム (安全衛生協議会) 」を年1回行い、安全衛生活動の重要性やお互いの協力を確認しあっています。
最近では、高所からの落下物をネットで受けとめる実演や、新しい安全用品の紹介などを実施しています。
また、現地法人の安全担当者と本社の安全衛生担当者が年2回の合同安全パトロールを実施し、災害防止活動を行っています。
そのほか、各拠点において、現場の安全パトロールや安全衛生活動に関する取り組みを紹介することで、情報を共有し、互いに管理手法を学び合い、労働災害撲滅に向けて取り組んでいます。

  • シンガポール支社で開催した「セーフティーフォーラム (安全衛生協議会) 」
    シンガポール支社で開催した
    「セーフティーフォーラム (安全衛生協議会) 」
  • 安全周知会
    安全周知会
  • 安全パトロール
    安全パトロール

ページトップへ